写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバーセキュリティクラウドは11月17日、クラウド型WAFのセキュリティサービス「攻撃遮断くん」が、フューチャースピリッツの提供している共用レンタルサーバ「FutureWeb3」に標準搭載されたと発表した。

攻撃遮断くんは、WEBサーバへの攻撃を遮断するクラウド型WAFのセキュリティサービス。クラウド(IaaS)を含むほぼすべてのサーバに対応し、保守・運用に手間をかけることなく24時間365日、ネットワーク、OS、Webアプリケーションへの攻撃を防ぐ。

FutureWeb3は、スマートフォン向けや多言語対応のWebページが作成できる機能を付属した共用レンタルサーバ。CMS機能をはじめ、常時SSLを実現する無料SSL証明書「Let’s Encrypt」の自動インストール機能を標準搭載している。

今回、攻撃遮断くんがFutureWeb3に標準搭載されることにより、セキュリティの知識がないユーザーでも、サーバ構築時からセキュリティ対策を行えるようになるという。

(山本明日美)