福岡県警は17日、証拠品の大麻のような植物片を捜査せずにトイレに流したとして、証拠隠滅などの疑いで行橋署の警部補を書類送検した。また、警部補を停職1カ月、当時の上司だった中央署の警部も戒告の懲戒処分にした。共同通信が報じた。

 警部補は「どうせ犯人は判明しない。処理が面倒だった」と話している。

証拠「大麻」トイレに流す、福岡 「どうせ犯人判明しない」(共同通信)