チン・グ&イ・ヨウォン&AFTERSCHOOL ユイら「ハイクラス〜私の1円の愛〜」制作発表会に出席…月火ドラマトップを狙う(総合)

写真拡大 (全4枚)

また一つ、完成度の高いドラマが視聴者に会う。秀作揃いのフィルモグラフィーを誇る制作陣と俳優たちが意気投合したMBC月火特別ドラマ「ハイクラス〜私の1円の愛〜」がその主人公だ。制作発表会を通じてベールを脱いだ「ハイクラス〜私の1円の愛〜」。この日見せた制作陣と俳優たちの理由ある自信が視聴率で証明されるか、注目される。

17日午後、ソウルMBCゴールデンマウスホールで、MBC月火特別ドラマ「ハイクラス〜私の1円の愛〜」(演出:イ・ジェドン、脚本:ハン・ジフン) の制作発表会が開催された。制作発表会には演出を手掛けたイ・ジェドンプロデューサーと主演俳優のチン・グ、イ・ヨウォン、AFTERSCHOOLのユイ、チョン・ヘイン、イ・ホジョンらが出席した。

「ハイクラス〜私の1円の愛〜」は、「ラスト」「誘惑」「Dr.JIN」「犬とオオカミの時間」などを手掛けたハン・ジフン脚本家と、「会いたい」「ありがとうございます」などを演出したイ・ジェドン監督がタッグを組んだ作品で、欲望に満ちた男女の愛と葛藤を描く。安定した演技力のイ・ヨウォンとチン・グ、ユイが主演俳優にキャスティングされ、さらに期待を高めている。実力派の制作陣と俳優たちが生み出す相乗効果がドラマの視聴ポイントだ。

イ・ジェドン監督がまずマイクを取って、簡単にドラマについて紹介した。イ監督は「ドラマ『ハイクラス〜私の1円の愛〜』は野望を表し欲望に向かってひたすら進んでいく女性ソ・イギョンのストーリーを描いた作品だ」と作品について紹介した。

イ・ヨウォンは「ハイクラス〜私の1円の愛〜」で自身だけの王国を建てようとする巨大な野望を抱いた黄金の女王であり、貪欲は罪でないと信じている冷静と情熱の化身ソ・イギョン役を務めた。今回の作品を通じて、既存の優しいイメージを脱ぎ捨て、完璧な野望に満ちた女性に生まれ変わるイ・ヨウォン。彼女はキャラクターに対する格別な愛情を見せ、視線を引きつけた。

イ・ヨウォンは出演の理由を尋ねる質問に対して「ソ・イギョンは非常に率直な人間だ。自身の欲望を隠さず表現する女性だ。二度とないキャラクターだと思って、逃してはいけないと思った。代理満足(自分の欲求をドラマの役に置き換えて、疑似体験的にそれを満たそうというもの) しながら楽しく撮影している」と感想を伝えた。

チン・グはムジングループの御曹司で、頭の上から足の爪先まですべてを兼ね備えている“金の匙”だが、誰よりも優しい心をもつ自由な魂の持ち主パク・ゴヌ役を務め、イメージチェンジを図る予定だ。前作「太陽の末裔」で俳優たちと息ぴったりの共演を見せた彼は、女優たちとのチームワークについて強調した。

チン・グは「以前は女優はすごくつんとしていると思っていた。そういう偏見のため、先に近づかなかったけれど、今回の作品を通じて女優に対する認識を変化させてくれたイ・ヨウォンとユイに感謝する」とし、笑いを誘った。

ユイはキレイなルックス、品格のある雰囲気で財閥家の末っ子のような雰囲気を漂わせているが、現実は貧乏な“土の匙”イ・セジン役を務める。セジンはソ・イギョンを真似たいと思っている人物で、ユイはドラマの中心に立ち、イ・ヨウォンと対立する。この日、ユイは自身を「欲望の塊だ」と紹介し、愉快に挨拶した。

ユイは特に「ハイクラス〜私の1円の愛〜」で演技対決することになったイ・ヨウォンに対する愛情を見せ、視線を引きつけた。ユイは「イ・ヨウォン先輩が、現場でスリッパで歩いていてもすごいオーラが感じられる。イ・ヨウォンのカッコ良さを真似たい」とし、注目を浴びた。恋人のイ・サンユンに関する特別なメッセージも聞くことができた。ユイは「彼(イ・サンユン) が必ず本番で見ると応援してくれた」と照れながら答えた。

MBC月火ドラマ「ハイクラス〜私の1円の愛〜」は「キャリアを引く女」の後番組で、眠らない貪欲の光、その光の主になろうとする者たちの熾烈な競争を描いた作品だ。イ・ヨウォン、チン・グ、ユイ、チョン・ヘイン、イ・ホジョン、シム・イヨンらが出演する。11月21日午後10時から韓国で放送がスタートする。