11月17日、東京プリンスホテルにて「“疾風ロンド”公開直前!疾風ロンドンバス出発式」が行われ、映画に出演する阿部寛さん、大倉忠義さん、大島優子さん、ムロツヨシさんが、雪が降る中、登場しました。


(c)Nosh

映画『疾風ロンド』は東野圭吾さんによる100万部を突破した、同名ベストセラー小説の映画化です。

違法生物兵器「K-55」を探し出すため、日本最大級のスキー場にやってきた栗林(阿部さん)の奮闘をシリアスながら、ときにコミカルに描いた“笑”撃作品です。

タイトルにかけられ「疾風ロンドンバス」が今週いっぱい東京都内を走ることになり、テープカットもした皆さん。


(c)Nosh

大きく自分の顔がプリントされたバスを眺めて、阿部さんは「恥ずかしいですよね。恐怖におののいた瞬間(の顔)だと思うんですけど……」と言うと、大倉さんが、「阿部さんは、ただでさえ迫力があるのに、大きくなるとこんなに迫力があるんだなって」と、巨大プリントされたバスの感想を漏らしていました。


(c)Nosh

本作で、大島さんはムロさんとスキーチェイスとでも呼びたくなるような、戦闘シーンも披露しています。

ムロさんが、「優子とツヨシの息の合ったアクションシーンでね」とはしゃぐと、大島さんが「やめて。優子って呼ぶのはやめてほしい(笑)」と言うと、皆さんも爆笑。


(c)Nosh

ただ、そのシーンの出来栄えは本当に臨場感たっぷりなので、大倉さんは、「すごい迫力でした。後半の見どころのひとつだと思います。ムロくんも、すっごいうまく見えるんですよ」と応戦します。

イベントの終盤では、それぞれの特技や武器について話をすることに。

大倉さんは、「知られることがないことなんですけど、お手洗いが尋常じゃないくらい人より早いです。人生、得していると思います。全部1分以内で一瞬で終わります」と言うと、阿部さんは、「ああ、そう……」とやや冷たい反応。

すかさず、大島さんが「大倉さんは、そういう生理的現象が全部早いです。寝るのも早いし、炭酸系のものを飲んだらすぐ空気に戻すのも早いし(笑)」と言えば、大倉さんは「げっぷでしょ(笑)」と自ら突っ込みを入れていました。


(c)Nosh

映画『疾風ロンド』は11月26日(土)より全国ロードショーです!

Noshではこの4人のインタビューも実施、近日掲載予定なので、どうぞお楽しみに♡

【関連記事】

※ 女優・長澤まさみが教える、台湾の魅力&楽しみ方とは?

※ 細川茂樹がオススメするクリスマスのご褒美家電

※ 菊地亜美「直筆のメ ッセージは、一生の宝物」寺田心君とのエピソードを披露

※ モデル・八木アリサが選ぶ、秋冬ファッションアイテム

※ 渡部建に学ぶ、「女子会のお店選び」のコツ