英作家J・R・R・トールキン 写真:AP/アフロ

写真拡大

 「ホビットの冒険」「指輪物語」の著者として知られる英作家J・R・R・トールキンの伝記映画「ミドルアース(Middle Earth)」が製作され、「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」「ダウントン・アビー」のジェームズ・ストロングが監督を務めることがわかった。

 アンガス・フレッチャーが脚本を執筆した「ミドルアース」は、トールキンがオックスフォード大学を卒業後、第1次世界大戦への従軍を経て、「ホビットの冒険」「指輪物語」を書くにいたった時代を描く。

 米ハリウッド・レポーターによれば、ニューライン・シネマ時代にピーター・ジャクソン監督の「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズにゴーサインを出し、製作総指揮にあたったロバート・シェイとマイケル・リンが、自身の製作会社ユニーク・フィーチャーズを通してプロデュースを手がける。キャストは未定。

 ちなみに、2014年の時点で本作とは別に2本のトールキンの伝記映画、米フォックス・サーチライトの「トールキン(原題)」と英アトラクティブ・フィルムズの「トールキン&ルイス(原題)」が進行中と報じられていたが、いずれもその後進展していないようだ。