写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月18日に発売されるニンテンドー3DS専用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』が、初回出荷本数で世界累計1,000万本を突破したことが明らかになった。

本作は、2013年に発売された『ポケットモンスターX・Y』以来となる「ポケットモンスター」シリーズの完全新作。初回出荷本数世界累計1,000万本という数字は、こちらも大ヒットした『X・Y』の1.5倍であり、ニンテンドー3DSソフトとして最多となる。それぞれの販売本数においてさまざまな記録を打ち立ててきた「ポケモン」シリーズだけに、本作でもさらなる盛り上がりが期待されている。

前作比150%もの数字となった要因としては、今年7月に配信開始となったスマートフォン向けアプリ『ポケモンGO』が大きな話題となったことを背景に、より多くの地域、より広い年代の「ポケモン」を知らなかったユーザーにリーチできた影響が大きいと推測されている。また、本作はシリーズで初めて、言語を9種類から選ぶことができることから、より多くの販売につながると判断されたようだ。

本シリーズは、2016年2月末までに世界累計販売本数2億本を突破。すべての「ポケモン」関連ソフトを含めると、同月末までに累計販売本数は2億7,900万本以上に上ることが発表されていた。今回、『ポケットモンスター サン・ムーン』の発売によって、さらなる記録更新が期待されている。

(C)2016 Pokémon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.