ボジョレー ヌーヴォー解禁を祝って乾杯

写真拡大

サントリーワインインターナショナル株式会社による「ボジョレーヌーヴォー解禁イベント2016」が11月16日から11月17日にかけて都内で開催。横澤夏子さんがゲストとして登場した。

【写真を見る】カウントダウンから開栓の瞬間を向かえ興奮気味の横澤夏子さん

フランス産の「ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー2016」の解禁に伴い実施された本イベントは、サントリーワインインターナショナル株式会社の山崎雄嗣・代表取締役社長の「この特別な瞬間を祝うために、毎年、来日している“ボジョレーの帝王”と称される、ジョルジュ デュブッフ氏(ジョルジュ デュブッフ社・代表取締役社長)と、彼のお孫さんにあたるアドリアン氏、“ボジョパ”に相応しいスペシャルゲストとして、横澤夏子さんをお招きしました」という言葉でスタート。横澤さんは黒のドレス姿で登場。ステージ上で華麗なモデルウォーキングを披露した横澤は「ボジョレーヌーヴォーにぴったりのドレスで来ました。新しい私、夏子ヌーヴォー」とポーズを決めて会場を沸かせた。

「ずっとカウントダウンをしてみたかった!」と興奮気味に語る横澤さんは、解禁の瞬間に「ボジョレーヌーヴォー」を開栓。「びっくりしちゃいました。鼻息で声が……本当においしい。すごくフルーティーで、さっぱりしていて飲みやすいです」と感想を口にした。

さらに、サントリーが「ボジョレー ヌーヴォーと一緒に、“今年のモノを今年のうちに楽しみつくすパーティー”」として、ハロウィンとクリスマスの間の新たな催事として提案する“ボジョパ”について、「ボジョパは新しいトレンドになっちゃうかもしれないですね。(ボジョパを一緒にしたい気になる男性は?)日本ハム(ファイターズ)の大谷(翔平)さんです。彼がワインを飲むかはわからないけど、『乾杯!』ってしたいですよね」と続けた。

さらに、自身の目指す女性像については「目標はボジョパを楽しむ女性。ワインの味がわかるいい女になりたいと思います。ボジョパを楽しむ女、もいいですね! 今日、夢をかなえてしまいましたけど(笑)」と笑顔で語った。

サントリーは「ボジョレーヌーヴォー」をファッションや料理とともに楽しむワインパーティ“ボジョパ”を提唱。横澤さんはイベントの最後に「ハロウィンとクリスマスの間はボジョパで決まりですね!」とこの提唱をPRした。

「ボジョレーヌーヴォー解禁イベント2016」は24時40分に終了。取材後、味見をさせていただきましたが、「フルーティーで、さっぱりしていて飲みやすかった」です。【ウォーカープラス編集部/浅野祐介】