久々の映画だよ!
 - Chip Somodevilla / Getty Images

写真拡大

 アメリカの子供番組「セサミストリート」の映画化企画がワーナー・ブラザースのもと進行中だ。脚本家に映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』のデヴィッド・ギヨン&マイケル・ハンデルマンが決まったとDeadlineが報じた。

 2012年には『ナイト ミュージアム』シリーズの監督として知られるショーン・レヴィがプロデュースする「セサミストリート」映画を、20世紀フォックスが進めていると報じられた。しかし、長らく公共放送サービスPBSで放送されてきた「セサミストリート」は今年1月にケーブルテレビ局HBOと新たなパートナーシップ契約を結んでおり、同じタイム・ワーナー傘下のワーナー・ブラザースが制作を進めることになったようだ。レヴィは引き続きプロデューサーに名前を連ねている。

 人気番組ながら、劇場長編作品は『セサミストリート ザ・ムービー:おうちに帰ろう、ビッグバード!』(1985)と『エルモと毛布の大冒険』(1999)の2本のみ。17年以上ぶりとなる新作映画の進展に期待したい。(編集部・市川遥)