『シン・ゴジラ』が『永遠の0』以来の80億円突破!
 - (C) 2016 TOHO CO., LTD.

写真拡大

 庵野秀明が脚本・編集・総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』の累計興行収入が11月16日の時点で80億円を突破したことが明らかになった。配給・製作の東宝が発表したもので、邦画実写作品の80億円超えは、2013年12月21日に公開された『永遠の0』(最終興収・87億6,000万円)以来となる。

 東宝製作による約12年ぶりの日本版『ゴジラ』シリーズとして7月29日に公開され大ヒットスタートを切った『シン・ゴジラ』。そのままロングランを記録し、公開から111日となる11月16日に累計動員は551万3,652人、累計興収は80億167万3,200円に達した。まだ上映は続いており、最終興収がいくらになるのかに注目だ。

 同作は、突如として日本に上陸した“巨大不明生物”ゴジラの脅威にさらされた日本国民の奮闘を描いた特撮映画。本日発表された「2016年ユーキャン新語・流行語大賞」にも『君の名は。』と共にノミネートされるなど、社会現象級のブームとなった。(編集部・入倉功一)