台北メトロ提供

写真拡大

(台北 17日 中央社)台北メトロ(MRT)は16日、淡水信義線を走る一部の列車に、子供連れや妊娠中の女性などに対する配慮を促す「親子ゾーン(親子友善区)」を設置した。同社は、優先席と同様に「譲り合って」と協力を求めている。

親子ゾーンは昨年末から松山新店線で試験的に導入。3両目の第4扉から4両目の第1扉までの範囲が対象となる。

車内には来年8月に開催されるユニバーシアード台北大会(台北ユニバ)のイメージキャラクター「熊讃Bravo」のシールが貼られ、親子ゾーンと同大会をPRしている。

(劉建邦/編集:齊藤啓介)