マツダCX-5は2012年フルスカイアクティブ技術と魂動デザインを採用した新世代商品の第1弾として登場しました。世界約120の国と地域で販売され、マツダの年間販売台数の約1/4を占める基幹車種となり、マツダ躍進のきっかけを作ったクルマです。そのCX-5のニューモデルが2016年11月16日に開幕するロサンゼルスオートショーに先駆けてプレス向けに公開されました。

1

2017年2月より日本で導入し順次グローバル導入を開始する新型CX-5は、初代でも採用した魂動(ソウルオブモーション)のコンセプトをより昇華させるため、美しさの表現を追求しました。そうして、無駄な要素を削ぎ落としたシンプルで研ぎ澄まされた造形をベースに精錬された力強さをキーワードに成熟した骨格、品格のあるフォルム、仕立ての良い質感の三つを軸に内外装のデザインを作り挙げています。

エクステリアデザインはクルマの重心を下げて、前後トレッドを10mm拡大したことで、ボディ全体で地面を掴むスタンスの良さを表現しています。そして初代CX-5よりAピラーを約35mm後退させ、フロントアクスルとAピラーの位置を適正化しています。また薄型化し低く構えたヘッドランプや先端をヘッドランプの下側に通して左右への広がりを強調したシグネチャーウイングなどは進化したマツダ新世代商品群のファミリーフェイスに仕立てられました。

インテリアはインパネを境に上下で色を使い分けることで、クルマの一体感と空間の広がりを強調。さらにハンドルのセンターから左右へ連なるインテリア要素を水平基調に揃えることで、さらに横方向への広がりが強調されています。立体感のあるシートデザインや彫りの深い造形の空調ルーバーはSUVらしい逞しさと上質感を融合させています。

またヒューマンインターフェイスではマルチインフォメーションディスプレイに高精細な4.6インチTFTを初採用。さらにフロントウインドウにナビの情報を投影するアクティブ・ドライビング・ディスプレイも初採用しています。

理想的なドライビングポジションを実現するために、シフトノブの位置を先代比でAT車が約60mm、MT車で約40mm上方に設置しています。そしてフロントシートにはシートバックにサスペンマットを採用し、座面には高減衰ウレタンを採用することで乗り心地を向上させました。リアシートにはマツダ車として初めて2段式のリクライニング機構を採用。加えてリアシートヒーターや後席専用エアコン吹き出し口を配置することで快適性を向上させています。

搭載されるエンジンは2Lそして2.5Lガソリンと2.2Lディーゼルターボの3種類で投入する市場に合わせた適切なラインアップを設定する予定。そして組み合わされるミッションは6速MTと6速AT で現行モデルと変更はありません。そしてすでにアテンザやアクセラなどに投入されている車両運動制御技術、Gベクタリングコントロールを採用。ドライバーのハンドル操作に応じてエンジン駆動トルクを変化させることで、四輪へのトラクションを最適化することで同乗者の体の横揺れを軽減し快適な乗り心地を実現しています。

最後に安全性能です。先進安全技術のアイ・アクティブセンスはさらに進化し、停車状態から追従走行を開始できるように進化したマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール。そして制限速度などの標識を読み取ってアクティブ・ドライブ・ディスプレイに表示する交通標識認識システムを採用し、一段と安全性を向上させています。

ローンチされたCX-5のボディカラーはソウルレッドプレミアムメタリックを進化させた新色の、ソウルレッドクリスタルメタリックです。ソウルレッドプレミアムメタリックに比べて彩度を約2割、深みが約5割ましたことで、よりみずみずしく鮮やかな透明感を実現しました。

フルスカイアクティブ技術を搭載してマツダの新世代商品のベンチマークとなった初代CX-5。新型はどれくらいの進化を遂げているのか、今からワクワクしてきます。

主要諸元(北米仕様車)

全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、ホイールベース2700mm、サスペンション形式フロント:マクファーソンストラット、リア:マルチリンク、ブレーキフロント:ベンチレーテッドディスク/リア:ディスク、タイヤサイズ:225/55R19

(文・萩原文博 Photo by Victor Decolongon/Getty Images for Mazda Motor Co.)

   

米国にもSKYACTIVディーゼルを展開! デザインそして走りの質感を向上させた新型マツダCX-5(http://clicccar.com/2016/11/17/417754/)