テスラModel S P100D、次回のOTAアップデートで加速性能を引き上げ。ブガッティにも負けない俊足へ

写真拡大

 
電気自動車メーカー テスラ・モータース CEOのイーロン・マスクが、テスラModel S P100Dの加速性能がさらに高まるソフトウェアアップデートの配信を予告しました。マスク本人の言葉を使えば、それはイースター・エッグとして仕込まれるとのこと。さらにSUVタイプのModel Xもやはりアップデートによって0-100km/h加速にかかる時間を0.1秒削り取るとしています。EVはモーター駆動のため、基本的には、電流を流しただけパワーが出ます。もちろん流しすぎると過電流でモーターが焼けてしまいますが、回転数をおいしいところに持っていかないと出力を確保できない内燃機関に比べれば、まだその性能は引出しやすいといえるかもしれません。

世界500台限定で生産されるブガッティChironや、その先代モデルVeyronの0-100km/h加速は公表されている数値で2.5秒。よーいドン!でスタートして2.5秒後には時速100kmで走っているわけです。ところがテスラのModel S P100Dは発売前、見ため普通のセダンでエンジンの咆哮もないくせに0-100km/hは2.7秒(Ludicrousモード使用時)と発表されました。これにはブガッティファンも慌てたはずです。

そして今回、イーロン・マスクがツイートした「イースターエッグ」を使うと、Model S P100Dの0-100km/h加速が2.4秒になるとのこと。つまりまだ発売前の段階で、スーパースポーツカー ブガッティChiron はEVのセダンに0-100km/h加速で負けることになるわけです。




すでに日本からも二桁のオーダーが出ているとされるChironの未来のオーナーは、イーロン・マスクのツイートをどんな思いで見ているのかが気になるところです。

もちろん、日常でいきなり0-100km/h加速をするようなシーンはほぼありえません。さらにChironには最高速度420kmというとてつもない速さがあり、たとえテスラの0-100km/h加速に0.1秒負けたとしても、スーパースポーツとしての価値が揺らぐわけではありません。ただ特にこれと言ったチューニングもせず、自動的に、しかも無料で性能が良くなるP100Dを手にしたオーナーたちは、いまごろほくそ笑んでいるかもしれません。