目と口は閉じた状態のようです。(画像はLiLiCoブログのスクリーンショット)

写真拡大

 映画コメンテーターのLiLiCoが15日、「DEATH NOTE」に出てくる死神リュークにメイクで大変身した驚きの姿をブログで公開した。

 これはフェイス&ボディペイントアーティストの Amazing Jiro 氏によるもので、CGは一切なし。筆だけを使って、4時間かけて完成させたという。以前「王様のブランチ」のワンコーナーで、顔が残像のようにブレて見えるメイク“残像メイク”を体験していたLiLiCoは、そのときにメイクを担当した Amazing Jiro 氏と意気投合。「いつでも呼んで!」と言い残し、首を長くして待っていたところ、「LiLiCoさんを変身させたい」と誘いがあったことから実現したそうだ。

 LiLiCo自身も「もう、訳がわからないでしょ?? わたしよ!!! なにかを顔にくっつける(シリコンとか)とかは無し! CG無し!!! 筆だけでわたしをリュークにしてくれた!!! 4時間掛かった すごくない??? JIROさん、マジでアメイジング!!」と大興奮。Amazing Jiro 氏のYouTubeチャンネルでは、リュークに変身したLiLiCoの姿が動画でも公開されており、そのクオリティーには驚かされるばかりだ。(編集部・中山雄一朗)