“不倫スキャンダル”ホン・サンス監督、妻に離婚を要請…公の場には参加せず

写真拡大

女優キム・ミニとの不倫スキャンダルに巻き込まれたホン・サンス監督が妻と離婚の手続きを行っている。

17日、法曹界によると、ホン・サンス監督は9日にソウル家庭裁判所に妻A氏との離婚調停の申請をした。本件は家事11単独チョン・スンウォン部長判事が担当する。

離婚調停は正式な裁判を経らず、夫婦が協議して離婚を決める手続きで、両側が調停に合意すると、確定判決と同じ効力をもつ。合意に至らなかった場合、離婚の裁判が行われることになる。

ホン・サンス監督の離婚調停について映画「YOURSELF AND YOURS」の関係者は17日、マイデイリーに「プライベートなことであるため、分からない」と伝えた。

昨年映画「Right Now, Wrong Then」で出会い、不倫説に巻き込まれたホン・サンス監督とキム・ミニは今年6月に不適切な関係があるとメディアによって暴露され、公の場には参加せずに大衆との接触を避けている。

ホン・サンス監督は最近公開された「YOURSELF AND YOURS」の記者懇談会に出席せず、キム・ミニも各種映画関連の授賞式に参加しなかった。