ソーダストリームの最新商品「ソース パワー」(2016年11月14日撮影)

写真拡大

炭酸水ブランドのソーダストリームは2016年11月14日、都内で「Soda Stream ラウンドテーブル」を開催し、炭酸を研究する国際医療福祉大学大学院の前田眞治教授が炭酸水の特性や性質について「冬の時期に炭酸水を飲む効果は抜群です」と説明した。

冷えた炭酸水にフルーツを漬け込み、「シュワシュワ」の食感を楽しむ。そんな夏はいつの間にか終わってしまい、吐く息も白くなる冬の季節が到来したが、前田教授は「炭酸水は冬だって負けていられません!」と主張する。

炭酸水がおでんの旨味を増す

前田教授は冬に恋しくなる料理のおでんを例に出し、炭酸水の効能を解説した。大根の中に浸み込んだ炭酸は熱で気泡と化し、中を押し広げて、大根は柔らかくなり、すき間にだしが入りやすくなると言う。おいしさの科学研究所は水道水と炭酸水それぞれでおでんのだしを取り、2つを「苦味雑味」「渋味刺激」「旨味」「塩味」「苦味」「渋味」「旨味コク」で比較した。その結果、水道水だしを±0とすると、炭酸水だしは苦味雑味「-0.04」、渋味刺激「-0.83」、旨味「1.08」、塩味「0.85」、苦味「0.45」、渋味「-0.17」、旨味コク「0.42」だった。渋味刺激は少なくなったが、旨味と塩味などは格段に増したと分かる。

前田教授は続いて、「冬の『かくれ脱水』には炭酸水がおすすめです」と話した。たくさん汗をかく夏と違い、冬は無意識のうちに体の水分が皮膚や呼気から失われている。この「かくれ脱水」を放っておくと、血液が濃縮して血のかたまりとなり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となるおそれがある。前田教授は「水分は胃での吸収はほとんどなく小腸で70%、大腸で30%され、炭酸水は胃と腸の運動を活発にし、小腸にいち早く効率的に水分を送り込むことができる」と述べた。

年末年始のアルコール対策にも効果的

忘年会や新年会の控える年末年始、アルコールの摂りすぎには注意しなければならない。前田教授は「炭酸はアルコールの吸収を早めるので、早く酔いたければ加えると良い」と話す。二日酔い対策としても、炭酸水は水分をいち早く小腸に送り込むため、飲酒した翌日に水と食べ物に合わせて摂取すると効果的だそうだ。

その他、炭酸水には血行促進の効能もあるという。炭酸水に含まれる炭酸ガスが皮膚や胃腸の壁から浸透し血管に入り、血管拡張ホルモン「プロスタグランジン E2」が分泌されて血管を広げるからだ。血流量が増えて血行が良くなり、冷えや肩こりの予防にも効く。

ソーダストリームは以上のような炭酸水の特性に注目しており、世界45カ国に7万超の店舗を展開して毎年9億リットルの炭酸水を提供している世界NO.1の炭酸ブランドである。ソーダストリーム商品を買えばペットボトルの削減にも寄与するとし、環境にもやさしいとアピールしている。11月15日には、全米で大人気のテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を模した動画をYouTubeで公開して話題となっている。