ドウェイン・ジョンソン Photo by David Livingston/Getty Images

写真拡大

 米ピープル誌恒例の「最もセクシーな男(Sexiest Man Alive)」2016年版に、人気アクション俳優のドウェイン・ジョンソンが選ばれた。ジョンソンは、米フォーブス誌が先ごろ発表した2016年版「世界で最も稼いだ俳優」ランキングでもトップに輝いている。

 ザ・ロックのリングネームでWWEのスーパースターとして活躍したジョンソンは、2001年の映画「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」で俳優デビューした。以降、大ヒット・カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズをはじめ、「カリフォルニア・ダウン」「Central Intelligence」など数々のアクション&コメディ映画に出演。声優を務めたディズニー最新作「モアナと伝説の海」が11月23日に全米公開されるほか、今後も往年のドラマを映画化する「ベイウォッチ」や、リブート版「ジュマンジ」など、注目作が多数控えている。

 このほど「最もセクシーな男」の栄誉を手に入れたジョンソンは、「“そりゃ最高だ”と言った後に、なんてクールでエキサイティングなことなんだと思った。これはもう頂点を極めたじゃないか。これからどこを目指せばいいのか正直わからない。全て達成したな」と、ピープル誌に喜びを語っている。

 44歳のジョンソンは、長年交際しているシンガーソングライターの恋人ローレン・ハッシャンとの間に昨年、女児ジャスミンが誕生した。また、元妻ダニー・ガルシアとの間に、15歳の娘シモーヌがいる。