サウジ戦で気持ちのこもったスプリントを繰り返した原口。藤田氏は前半戦のMVPに挙げる。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選において極めて重要な一戦となったサウジアラビア戦で、日本は2対1で勝利した。
 
 ホームとはいえ、首位のサウジ相手に勝利を義務付けられていたのだから、選手たちへのプレッシャーは計り知れないものだったはず。負ければ解任とも噂されていた指揮官にとっても、想像を絶する圧力を感じていたに違いない。
 
 しかし、いざ蓋を開けてみれば内容的には日本の圧勝だった。立ち上がりからずっと日本がペースを握り、攻守両面で素晴らしいパフォーマンスを披露していた。失点シーンだけ目をつぶれば、この日の日本の戦いぶりは賞賛すべきもので、ポジティブな要素が多かった。
 
 本田、香川、岡崎の3人をベンチへ置いたものの、だからといって、サウジ戦対策といった特別な戦術を立てたわけでもない、縦に速いサッカーを目指すハリルホジッチ監督のスタンスはなにも変わっていない。
 
 ずっとこのコラムでも言い続けてきたけれど、普通の競争原理を代表チームに入れただけの話。所属クラブで試合に出ていることを考慮し、現時点で最良だと考えた選手をピッチに送り出しただけであって、ハリルホジッチ監督の采配は決してマジックではない。
 
 もちろん経験値がモノを言う舞台において、中心選手の本田や岡崎をスタメンから外したことは、とても勇気のいる決断だった。だからこそオマーン戦でのパフォーマンスを見て、誰のコンディションが良くて、誰のコンディションが悪いのか、最終判断を下した。競争原理に従ってメンバーをチョイスした、ということだ。ただ、その決断で日本はサウジを圧倒できるようになったのだから、なかなかフットボールは奥深いようでシンプルでもある。
 
 軽々しく“精神論”を語るのはナンセンスかもしれないけれど、今回ばかりは、極論を言えば、すべては気の持ちよう、という言葉が当てはまるだろうね。アジア最終予選の大一番。勝てば天国、負ければ地獄という状況に追い込まれたからこそ、選手も指揮官も“覚悟”を決めることができたんじゃないかな。人間の原動力のウエイトがメンタルに左右する部分が大きいとするならば、後がない状況に追い込まれたなか、強い気持ちと勇気をもって、サウジに真っ向勝負を挑むという覚悟ができた時点で、勝負は決まっていた。
 
 とはいえ、裏読みすれば、ホームで勝点3をノルマに課された状況では、前節のオーストラリア戦のような「引いて戦う」戦術は取れない。頼みのベテラン勢のコンディションは上がってこない。ならば……。という消去法的な思考を経て、若手の起用を決断したのだとしたら、極めて冷静な判断だったとも言える。
 
 繰り返しになるが、グループ首位のサウジを叩いたこの一戦は賞賛に値する。しかし、前半戦を通した日本のパフォーマンスを総括すれば、日本の出来は決して満足するものではない。初戦のUAE戦をホームで落とした借金はまだ返せてなく、いまだに大きな代償を払っている。
 
 個人に目を向ければ、前半戦のMVPは原口になるだろう。カズ(三浦知良)さん、呂比須ワグナーを抜いて、最終予選で4試合連続ゴールを決めたのは原口しかいない。苦しい戦いを強いられるなか、チームに大きな勢いをもたらしていた。これでもし原口がいなければ、今頃日本はどのような状況を迎えていたのだろうか。
 
 また、ホームのイラク戦で終了間際に決勝ゴールを決め、日本を救った山口の活躍もMVPに値する。チームの風向きを変えた、あのゴールはおそらく今予選のベストゴールになるだろう。
 
 いずれにしても、日本は今予選最大の山場をクリアしたことで、チームとして大きな自信を取り戻せたことは間違いない。追い込まれた状況になって、若手にチャンスが回って、世代交代の波が押し寄せてきた。そのことを考慮しても、サウジ戦は日本に多くのポジティブな要素をもたらした一戦となった。
 
 現在、グループBは首位のサウジと日本が勝点10、次いでオーストラリア、UAEが勝点9で続く。この4チームが勝点1にひしめき合う団子状態にある。後半戦も厳しい戦いが続くだけに、若手にとっても成長できるチャンスでもある。若い世代の突き上げは、後半戦の焦点のひとつになるだろうね。

■プロフィール
藤田俊哉(ふじた・としや)/1971年10月4日生まれ、静岡県出身。清水市商高-筑波大-磐田-ユトレヒト(オランダ)-磐田-名古屋-熊本-千葉。日本代表24試合・3得点。J1通算419試合・100得点。J2通算79試合・6得点。J1では、ミッドフィルダーとして初めて通算100ゴールを叩き出した名アタッカー。2014年からVVVフェンロのコーチとして指導にあたっている。