写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井不動産リアルティは、「三井のリハウス」のウェブサイト上で、マンション成約価格を即時に推定・表示するシステム「Smart Analyzer for Owners」を開発し、11月17日より提供すると発表した。

このシステムは、マンション情報を入力した顧客に対し、専用ページ上で、実際に取引された成約事例をもとに自動で推定成約価格を提示するほか、購入検討者数を即時に表示するシステム。

算出される推定成約価格は、同社で取引された、延べ80万件超の成約データに紐づく住戸情報をビッグデータ化し、マンション棟別に、住戸の特徴、実際に取引に携わったからこそ分かる情報などの要素について、統計解析で価格への影響度合いを数値化して算出する。

さらに、エリアの最新情報と不動産マーケットに精通した店舗の担当者が最終的に確認することで、統計解析では捉えることができない事象を補い、よりリアルな推定成約価格の算出、提供を実現させたという。

まずは、注目度が高い東京ベイエリアの86棟のマンションを対象にサービスの提供を開始し、将来的には対象エリアを拡大し、対象物件を増やしていく予定だという。

(丸山篤)