30キロ速度超過の男性 「誤認が否定できない」と無罪に

ざっくり言うと

  • さいたま地裁は16日、道路交通法違反に問われた男性に無罪判決を言い渡した
  • 男性は15年に、最高速度を30キロ上回り乗用車を走らせたとしていた
  • 裁判官は取り締まりに誤認が否定できないとし、立証は不十分と判断した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング