【ハイブリッド vs ガソリン】同じ車種で買うならどっちがお得か検証! 

写真拡大 (全12枚)

シエンタを使って費用を中心に徹底比較

日本においてはハイブリッドカーが完全に市民権を得たこともあり、今ではとくにトヨタ車とホンダ車を中心にガソリン車とハイブリッドそれぞれが設定されるモデルも多数ある。そうなると「ガソリン車とハイブリッドがあるクルマから選ぶ場合には、どちらを選ぶべき?」という疑問が起きるのも当然である。

という訳で今回はガソリン車とハイブリッド両方を設定するコンパクトミニバンのトヨタシエンタをサンプルに実測した燃費データも交えながら、長い目で見た損得勘定やそれぞれのメリット、デメリット、迷った際の選び方などを考えてみよう。

トヨタシエンタの価格、カタログに載るJC08モード燃費

・ガソリン車  Gグレード 198万327円  JC08モード燃費20.2/ℓ

・ハイブリッド Gグレード 232万9855円  JC08モード燃費27.2/ℓ

●実用燃費

実用燃費はガソリン車、ハイブリッドのシエンタを同時に高速道路(約70)、郊外路(約50)、市街地(約60)、合計約180劼瞭擦里蠅鮑鯒10月に走らせ計測したもの。なお当日は最高気温29度とそれなりに暑い中、オートエアコンを25度にセットし走行した。

■高速道路での燃費

・ガソリン車 19.7/ℓ

・ハイブリッド 20.9/ℓ

高速道路での燃費差は予想外に少なかった。要因としては、以前

このためテスト時は1名乗車であったが、実際の使用で乗車定員フル乗車、上り坂が多い高速道路などの負荷が増えると、シエンタの場合はガソリン車がハイブリッドの燃費を上回ることも十分考えられる。

■郊外路での燃費

・ガソリン車 15.2/ℓ

・ハイブリッド 23.1/ℓ

※郊外路ではハイブリッドがガソリン車を50%上回る燃費を記録

■市街地での燃費

・ガソリン車 12.6/ℓ

・ハイブリッド 21.1/ℓ

市街地ではハイブリッドがガソリン車の倍近い燃費を記録。やはり発進時を含むEV走行ができ、加減速が多い市街地では回生制動による減速エネルギーの電力への変換、エアコン使用時でも電動エアコンによるアイドリングストップする時間の長さなど、市街地ではハイブリッドカーのメリットは大きい。

■総合燃費

・ガソリン車 15.5/ℓ

・ハイブリッド 21.5/ℓ

※シエンタの場合、ハイブリッドの燃費はおおよそガソリン車の50%増しといったところ。

ただし、前述したような負荷が多い使用パターンや電動エアコンを持つハイブリッドカーでも特にシエンタのようにキャビンの広いクルマだと30℃を大幅に超える猛暑になると、エアコンを駆動するためのバッテリーが足りなくなり、頻繁にエンジンが始動し、結果的にアイドリングストップする時間がガソリン車と大差なくなるなどの要因が重なると、ガソリン車とハイブリッドの燃費の差は縮まる可能性もある。

ハイブリッドが費用面でお得になるのはかなり難しい!

●乗り味の差

動力性能に関しては一長一短といったところ。シエンタの車重がガソリン車1320圈▲魯ぅ屮螢奪1380圓判鼎い燭瓩發△襪、常用域の加速においてはモーターのアシストがあるハイブリッドの方が力強くかつスムースだ。

しかし、高速道路の本線合流や追い越し加速といったアクセルを深く踏む走行シーンにおいては車重の軽さと絶対的な出力に勝る(ガソリン車109馬力、ハイブリッドの実質的な最高出力となるシステム出力は100馬力)ガソリン車の方が速い。

エンジンのフィーリングは悪い意味での重さ、高回転域でのうるささが気になるガソリン車と比べると、ハイブリッドの方が全体的に良好だ。

また乗り心地は車重が重いせいなのかハイブリッドの方がいい意味での重み、落ち着きがあり、ガソリン車に対し優勢だ。

●長い目で見た収支決算

■購入時

車両価格は約35万円の差があるが、エコカー減税の差で約31万円に縮まる。

■ガソリン代

それぞれの総合燃費を基に1万劼△燭蠅離ソリン代を計算すると(ガソリン価格はレギュラー1ℓ=126円で計算)

・ガソリン車  約8万1000円

・ハイブリッド 約5万9000円

1万劼△燭蠅離ソリン代の差を2万2000円と仮定すると、ガソリン代だけでガソリン車とハイブリッドの実質的な差額31万をペイするには約14万卅行する必要があり、これだけでは差額を埋めることは絶望的だ。

また仮に5年5万匸茲辰燭△箸暴菠する際に、新車価格が高く、それなりに人気のある分でハイブリッドが10万円高く処分できたとしても、収支決算するとやはりハイブリッドのほうが5年間で10万円高く付く計算になる。

といったことを考えると、シエンタの場合は「10年20万卅る」というような人以外(20万劼眩ると、走行用バッテリーの寿命も少し心配なところもあるが)は、ガソリン価格が現在のように安値で落ち着いているならば、ガソリン車を選ぶのが基本だろう。

ただし「予算に余裕がある」、「両方を試乗しハイブリッドのほうが好みに合う」という人であれば、シエンタの場合は収支決算した差額が比較的小さいのでハイブリッドを選ぶのもいい。

このようにガソリン車とハイブリッドカーやクリーンディーゼルといった飛び道具をもつエコカーの選び方は、クルマによる差も大きくこともあり意外に難しい。そういった場合にそれぞれを試乗し、メディアで燃費に関する情報を集めるなどして、総合的に慎重に選んでほしい。

(文:永田恵一)