ソフトバンクの大隣憲司 国指定の難病に葛藤する「生き様」とは

ざっくり言うと

  • ソフトバンクの大隣憲司は、国指定の難病・黄色じん帯骨化症を患っていた
  • 2013年に手術をしたが、再発する可能性のある部分が3つあるという
  • オフでも練習に励む姿は、一瞬一瞬を完全燃焼する男の生き様に見えたと筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング