写真提供:マイナビニュース

写真拡大

綜合警備保障(ALSOK)とNECの2社は11月16日、NTTドコモと次世代無線通信規格5Gを活用した高度な警備サービスの実現に向けた実証実験を実施すると発表した。

ALSOKとNECは画像解析による異常検知やAIを活用した警備などのサービス「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」に取り組んでいる。また、NECはドコモと5Gの要素技術である超多素子アンテナシステムを活用したMassive MIMOなどの5G通信システムの実用化に向けた実験で協力している。

今回の実証実験では、ALSOKゾーンセキュリティマネジメントにNECとドコモが構築する5G通信インフラを組み合わせることで、5Gの特徴である超高速・大容量通信を活かした、犯罪や事故を未然に防止する警備サービスの実現に向けた検証を共同で実施する。

ALSOKでは、ゾーンセキュリティマネジメントの提供によって得られる知見・データを蓄積、知識化(ナレッジ化)し「情報収集、判別・識別、予測・判断、実行・対処」を継続的に進化させていくとしている。

(辻)