神山健治監督作「ひるね姫」キービジュアル解禁

写真拡大

「東のエデン」「精霊の守り人」「攻殻機動隊S.A.C.」など、重厚な世界設定の中で人間ドラマを描いてきた神山健治原作・脚本・監督の初の劇場オリジナルアニメーション「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」。そのキービジュアルが、このたび解禁となった。

本作の主人公はいたって平凡な女子高生。特技といえばどこでも眠れることくらい。そんな彼女が、大きな冒険の末に見つけた小さな真実とは……。今より少し先の未来を舞台に、夢とリアルをスリリングに行き来するロードムービーが誕生した。

解禁されたメインポスターは、女優・高畑充希演じる、幸せそうに眠るヒロイン・森川ココネをとらえた温和な雰囲気の第1弾ポスターから一転、何かを発見し驚くココネの姿と周囲に広がる岡山県倉敷市の風景。そして最も特徴的なのは、ココネの足元の水たまりに表現された鏡写しの世界だ。

ぬいぐるみのジョイは生命を宿し、バイクはロボットの「ハーツ」に変形、倉敷の風景は異形の怪物が立つファンタジックな世界へ、そしてココネは髑髏をあしらったジャケットを着た少女の姿に――。これは、ココネが見る夢の世界を表現したもの。ココネはどんな夢をみて、髑髏ジャケットの少女はどんな活躍をみせるのか、想像力をかきたてるビジュアルに仕上がっている。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」は2017年3月18日より全国ロードショー。