掃除しにくいところをしっかり掃除!(写真は、「minimaru」シャンパンゴールド)

写真拡大

日立アプライアンスは、小さいボディで掃除しにくい狭いところや低いところも掃除できるロボットクリーナー「minimaru(ミニマル)RV‐DX1」を、2016年11月19日に発売する。

本体幅25センチメートル、高さ9.2センチメートルの小さいボディで、ダイニングテーブルやイスの脚の間などの狭いところ、ソファやベッドの下など高さの低いところ、家具の間や部屋の隅などに入りやすく、掃除しにくいところをしっかり掃除する。

この「小さいボディ」の新機能は、高密度実装技術による独自の車輪構造やサスペンション機構のコンパクト化、吸込口やダストケースなどの効率的なレイアウトによって実現。また、ロボットクリーナー専用に新たに開発した走行制御「minimaruAI」を搭載した。

複数のセンサーで周囲の状況を素早く判断し、状況にあわせて100以上の行動パターンから選択して運転を制御することで、きびきび賢く動いて部屋全体を丁寧に掃除する。

さらに、小型と高効率を両立した「小型ハイパワーファンモーターR」も新開発。吸込口には床面のゴミをかき出す「回転ブラシ」と、カーペットの綿ぼこりをかき出す「かきとりブラシ」を組み合わせた独自の「ダブルかきとりブラシ」を採用し、フローリングやカーペットなど、さまざまな床面に対応してゴミをしっかり集じんする。

独自の、強い気流でダストケース内のゴミを圧縮することでゴミが捨てやすい「ごみプレス」運転や、回転ブラシを逆回転させブラシについたほこりをクリーニングする「ブラシ自動おそうじ」を採用。ロボットクリーナー本体のお手入れ性にも配慮した。

掃除時間は、最長約60分(自動モード時)。充電時間は約3時間。稼働面積は最大約32畳。「自動」「念入り」「スポット」の3種類の掃除モードを採用。タイマー予約は1〜12時間後で、毎日同じ時間に掃除を開始する。

色は、シャンパンゴールドとブラック。

オープン価格。