画像

写真拡大 (全2枚)

 LINEは、法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」の提供を来春目処に開始することを発表した。本格公開に先駆け、11月中に、一部外部企業にて段階的な試験運用を開始する。

 LINEは、同社提供のコミュニケーションアプリ「LINE」にて、法人向けカスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」を来春目処に提供を開始する。なお、本格公開に先駆け、11月中に、一部外部企業にて実環境での段階的な試験運用を開始する。

 「LINE Customer Connect」はLINEのビジネスアカウントのオプションサービス。企業は、同サービスを導入することで、自社のWebサイトおよびLINEアカウントからの問い合わせに対し、LINEアカウント上で対応することが可能になる。

 連携するシステムにより、カスタマーセンターでの有人対応と、事前に登録するFAQをベースにしたAI(人工知能)による自動応答を相互に切り替えることができる(「Chat Option(AI/Manual)」)。また、自社のWebサイト等にLINEに誘導するボタンを設置することで、WebとLINEアカウントが連携した問い合わせ対応も可能。

 さらに、コールセンターに入電した電話での問い合わせをLINEアカウント上のチャットサポートに誘導する機能も提供される(「Call to LINE」)。これは、ユーザーが企業の問い合わせ窓口に電話した際、音声ガイドで誘導し任意のダイヤル(DTMF)を入力させることで、入電している電話番号を元に、その電話番号が登録されているLINEアカウントに対してプッシュでメッセージを送り、LINE上での対応に連携するもの。

 ユーザーがオペレーターによる電話対応を希望した場合、混雑が緩和してから改めてLINEのメッセージにより電話可能なタイミングで通知することもできる。これにより、ユーザーのストレス削減と、企業の機会損失防止、人件費の大幅な削減が期待できる。

MarkeZine編集部[著]