奥仲麻琴ら特撮OB・OGが「科捜研の女」で共演を果たす/(C)テレビ朝日

写真拡大

11月17日(木)夜8時放送の人気ミステリー「科捜研の女」(テレビ朝日系)第4話に、奥仲麻琴と山田裕貴がゲスト出演する。

【写真を見る】山田裕貴も凛々しい和装店員姿に/(C)テレビ朝日

奥仲は事件の被害者・片瀬明日香役で出演。おばんざい屋さんでアルバイトをしており、彼女目当ての客もいるほどの人気店員という設定。ドラマ内では回想シーンでキュートな店員姿を披露する他、今回のキーパーソンとして物語に深く関わっていく。

一方、山田は奥仲演じる明日香の同僚・飯村直人として登場。片瀬の交際相手でもあったことから、マリコ(沢口靖子)や土門刑事(内藤剛志)から捜査協力を依頼される。しかし、それを拒否するなど、物語の謎を握る役割を担う。

奥仲と山田は、実は東映の特撮ヒーロー作品にレギュラー出演したという共通点を持つ間柄。奥仲は「仮面ライダーウィザード」('12〜'13年)でヒロインのコヨミを、山田は「海賊戦隊ゴーカイジャー」('11〜'12年)でゴーカイブルー/ジョー・ギブケンを1年間演じていた。

また、第4話は'13年より「科捜研の女」シリーズに参加している田崎竜太が演出。これまで数多くの特撮作品を手掛けてきた田崎は、「仮面ライダーウィザード」でも演出を担当しており、奥仲とは久しぶりに作品を通じての再会となる。

そのほか「科捜研の女」には、'13年の第13シリーズより、山本ひかるがレギュラー出演中。「仮面ライダーW」('09〜'10年)でメインヒロインを演じた山本の、奥仲との“新旧ライダーヒロイン”の共演も楽しみだ。

「戦隊・ライダー」にゆかりのあるキャスト・スタッフが勢ぞろいする今回の「科捜研の女」。ミステリーファンのみならず、特撮ファンもぜひご覧あれ。

■第4話あらすじ:繁華街で女子大生・明日香(奥仲)の刺殺遺体が見つかる。マリコ(沢口)は、被害者の腕時計に付着した血痕が被害者のものではなく、男性の血液だと鑑定。被害者と同じアルバイトで、交際していたと思われる直人(山田)を疑う土門 (内藤)は、マリコとDNA採取を依頼するも断られてしまう。そんな中、身元不明の遺体が発見される。