Huluオリジナルドラマ「代償」で主演を務める小栗旬(右)と“サイコパス”の役に挑む高橋努(左)

写真拡大

11月18日(金)より、Huluにて日米同時配信がスタートする小栗旬主演・Huluオリジナルドラマ「代償」の完成披露試写会が、16日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、小栗と高橋努が登壇した。

【写真を見る】小栗旬は「(高橋)努くん、おとこ前になったなあと思いました」と持ち上げる!

本作は、小栗が“もろい心を抱え込んだ弱々しい男”を演じる衝撃のクライムサスペンス。オリジナルドラマ初の“日米同時配信”という華々しい形での公開を予定されており、地上波では放送困難な虐待、人格否定などの衝撃シーンが多く描かれている。

弁護士・奥山圭輔を演じた小栗は「追い詰められる弁護士をやりました。追い詰められているので、ぜひ楽しんでください」とあいさつし、反対に追い詰める立場の安藤達也を演じた高橋は「皆さん今日はありがとうございます。えっと、(小栗を)追い詰めました(笑)。見ていただくと分かるんでしょうけど、そんなに直接一緒になっていないので、実感はないですが…。今日は短い時間ですけど、皆さんと一緒に楽しめたらいいなと思います」とコメントした。

“史上最弱”の弁護士役ということで、オファーを受けた感想を「最初に原作を読ませていただいて、原作がとても面白かったので『この役をやりたいです』って話をしたんですけど、キャラクター設定が変わっていたりしたので、もう少し“弱さ”を足させていただいた感じです」と、小栗は役作りの様子を明かす。

公私共に親交のある2人ということで、共演については「すごくうれしかったです。それこそ自分より先に『達也という役を高橋努さんで考えています』という話を聞いたので、そんなうれしい話はないなと思いました」と小栗が語ると、すぐさま高橋は「そんなうれしいこと言ってくれるの? いいやつ!(笑)」と持ち上げ、会場を沸かせた。

続けて小栗は「ガッツリ共演もかなり久しぶりだったし、本当に一緒にやらせてもらえてうれしかったです」と、深い友情を感じさせた。

一方、高橋は小栗との共演を「僕も本当にうれしかったですね。顔合わせの時は照れくさくて、普段からしょっちゅう会っていて、普段の小栗旬ばかりであまり現場では一緒にならないんで、本読みで入ってきたとき『スターが入ってきた!』と思いました」とニヤリ。

すると小栗もちゃめっ気たっぷりに「ムードを出すからね(笑)」と乗り、高橋は「ムードって(笑)。やっぱりスターだなあと。狭い部屋で2人でね、煎餅布団で寝ていたあの日々ではなくなっていたのだなと」と、しんみりとした表情で小栗の活躍ぶりを喜んだ。

今回“サイコパス”の男を演じる高橋は「サイコパス役は初めてです。まあ、さっきも小栗に『顔がサイコパスだ』と言われたんですけど…(笑)。どうなんですかね〜」と苦笑い。

そんな高橋に、小栗は「でも、努くん本当におとこ前になったんです。初めて会った時、自分が21、2歳になったくらいで、努くんは25、6歳だったんですけど、その時はそんなに目を開いてなかったんですよ。このくらい(ほとんど閉じた状態)だったんです」と、サラっとばかにすれば、高橋は「ちょっと、(自分の)携帯ありますか? 実家に電話して…」と、親に報告しようとする場面も。

それでも小栗は「それが、年々いろんな作品を越えていくごとに目が開いてきて、ちょっと目をいじったんじゃないかな?ってくらい(笑)」と再び侮辱し、高橋は「整形してないよ! だから〜、影響力あるんだからやめてよ〜!」と止めに入るが、小栗はなおも続けて「あと2年ぐらいたつともう少し目が開いていると思います」と語り、観客を笑わせる。

あきらめたのか、高橋も「そうですね。二重になっているかもしれませんね。バッチリ二重に。今は一重なので…」と乗っかり、仲のいい掛け合いでファンを熱狂させた。

その後、性格診断の分野に明るい心理学者・晴香葉子先生による「サイコパス度診断」が行われ、小栗にサイコパス度高めという結果が。この結果を受け、高橋は「でしょうよ! 薄々そうかな〜と思っていたんだよね(笑)」と大笑い。

感想を求められると、小栗は「絶対違うよ〜! 全然要素なかったもん。ちゃんと(サイコパス関連)本読んだら!」と否定。しかし、高橋はここぞとばかりに「ほら、サイコパスの方って気付かないって言うじゃないですか。だから気付かないんだなあ」と攻める。

しかし、晴香先生から「サイコパスは成功者にも多い」とフォローが入ると、高橋も「小栗旬という役者がここまでになっているっていうことは、既に(いい意味での)サイコパスということだと思うんですけどね」と断言。

すると、小栗は「今日ので一個だけ本当に分かったのは、退屈は嫌いです…。退屈だなって思うことは多いので」と言い訳のように、主張していた。

最後に2人から観客へ「この作品はサイコパスとかっていうのが文字というか、名称で前に出てきがちなんですが、“愛の話”だと僕は思っていまして、本当に人はどこまで人を愛せるのかと。愛とは何かというのを考えながらやったんですけど。

身近にあるサイコパスとか、この愛は本当なのかな?っていうのを一緒に見ながら考えていただけたらなと思います。愛の話です(笑)。よろしくお願いします。どうでしょうか?(笑)」(高橋)

「はい、愛の話です(笑)。今日は1話、2話(の試写)ということで、残り4話残っているので、そのまま続けて皆さんに見ていただけたらなと思いますし、これから配信されていくので、もし楽しんでいただけたらいろんな方に宣伝していただけたらなと思います。本日はありがとうございました」(小栗)と、それぞれ感謝を込めて観客にメッセージを送り、イベントは終了した。