「奪い愛、冬」に出演する三浦翔平、倉科カナ(写真左から)/(C)テレビ朝日

写真拡大

'17年1月にテレビ朝日系で放送される、金曜ナイトドラマ「奪い愛、冬」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか)の主演に倉科カナが決定。倉科は同局で初主演となる。

同ドラマは脚本を担当する鈴木おさむの完全オリジナル作品で、この春大反響を呼んだ「不機嫌な果実」(テレビ朝日系)のスタッフが強力タッグを組む。

仕事も恋も充実している女性が、婚約者と元彼の間で揺れ動くなど登場人物たちの奪い合う恋愛=“奪い愛”を描く、ドロドロしているけどキュンとする恋愛ドラマだ。

デザイン会社勤務の池内光(倉科)は、会社の後輩・奥川康太(三浦翔平)と婚約中。ところがある日、光が死ぬほど愛していたのに突然姿を消した元彼と再会する。やがて、光は妻帯者の元彼への愛が再燃し、禁断の愛に走り出す。

そして康太は、光の心が自分から離れていくにつれ、嫉妬のあまり変貌を遂げていく。同じく元彼の妻も、光に嫉妬の炎を激しく燃やしていく。

愛に一直線の激情型女子・光を演じる倉科は「実を言うと、私はラブストーリーの経験が少ないので、気恥ずかしさも感じているんです(笑)。そこを乗り越えて、『この人も好きだし、でもあの人も…』という“心の機微”を表現することが一番の挑戦になると思います。

ラブシーンもありますけど、そこだけに力を入れるわけではなく(笑)、鈴木おさむさんの世界観を壊さないように演じていきたいです」と意気込む。

初共演となる三浦については「爽やかな方という印象があります。三浦さんはこの間もラブストーリーをやってらっしゃいましたし、どんなアプローチでお芝居をされるのか楽しみです」と撮影を心待ちにしているようだ。

嫉妬でわれを忘れる癒やし系男子の康太を演じる三浦は「今回は“奪い愛”という言葉からも分かるように、激しい内容になりそうです。僕の役もどんどん狂気じみていくし、とにかく登場人物がみんなヤバイ。でも、ただ全員がヤバイだけじゃなく、その中に『愛というものは何なんだろう』という軸がしっかり描かれているので、すごく楽しみです」と物語の印象を語る。

また、「自分を思いっきり開放し、今までの僕のイメージを変える役になりそうです。というのも、ここまで嫉妬にまみれる役は初めて。撮影では放送できないレベルくらいまで、とにかく行けるところまで演じてみて、どんな自分が見せられるか楽しみです」と新境地に期待が膨らんでいるようだ。

脚本を担当する鈴木は「見てくれる皆さんの予想をいい意味で裏切り続ける、ハイスピード展開の愛を奪い合う激しい恋愛ドラマになると思います。奪い合う愛に正義なんかないかもしれませんが、その先に真実の愛が見えてくる…はずです」と作品に込めた思いを明かした。

金曜の夜に、寒さも吹き飛ぶくらいに熱く激しく“奪い愛”を繰り広げる“ドロキュン”な愛憎劇から、つい目が離せなくなりそうだ。