1

2016年12月16日からいよいよ世界で同時公開される映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は、デス・スター設計書の強奪作戦に挑む極秘チーム「ローグ・ワン」にスポットを当てたストーリーになっています。元犯罪者や元帝国軍といった寄せ集めチーム「ローグ・ワン」のジン・アーソとキャシアン・アンドーの特別ムービーや、6人それぞれにフォーカスした日本版キャラクターポスターが公開され、キャラクターたちの詳細が明らかになっています。

◆ジン・アーソ

本作のヒロインであるジンの特別映像は以下のムービーから確認可能です。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」特別映像 ジン編 - YouTube

ジンは、幼い頃に家族と離ればなれになり、生き抜くために数々の犯罪を犯してきた無法者。父であるゲイレン・アーソが帝国軍のデス・スターの開発に関わっていると言われており、その真相を明らかにすべくジンはローグ・ワンのメンバーに加わり、デス・スター設計図の強奪作戦に参加しました。



◆キャシアン・アンドー

ジンのお目付け役として行動を共にするキャシアンの特別映像は以下のムービーから確認可能です。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」特別映像 キャシアン編 - YouTube

キャシアンは反乱軍の情報将校で、冷静沈着かつ厳格、規則を守ることに重きを置く性格であり、ジンの暴走に歯止めをかけることが期待されている人物。現実的で実戦経験が豊富なキャシアンが持つ最強の武器は情報とのことで、戦いの中で有効な戦術を生み出すことが可能なキャラクターです。



◆K-2SO

K-2SOは、もともと帝国軍が開発したエンフォーサー・ドロイド(監視用ドロイド)。キャシアンにより帝国軍に従事していたときのデータが消去され、反乱軍用に再プログラムされました。C-3POとは違い自分の思ったことや本当のことを口にし、人間を動揺させることもしばしば。性格はチューバッカに似ているとのこと。



◆チアルート・イムウェ

チアルートは、盲目ながらも厳しい修行のすえに棒術をマスターした武術マスター。ジェダイが滅びた時代の中でもフォースの存在をかたくなに信じる人物です。公開されている予告編では、襲いかかるストームトルーパーを棒でなぎ倒すアクションを見せました。



◆ベイズ・マルバス

チアルートの相棒であるベイズは、重装備を好み赤い甲冑と武器を装備する戦士。チアルートとは違いフォースのようなスピリチュアルな力よりも武器を信じるという現実的な性格の持ち主です。ベイズは友情に厚い男で、特に相棒のチアルートに対しては命を差し出すこともいとわないとのこと。



◆ボーディー・ルック

生計を立てるために帝国軍に従事していたものの、帝国軍のやり方に疑問を覚え、反乱軍に参加したパイロットのボーディー。操縦テクニックは反乱軍の中でもトップクラスで、その中でも貨物船の操縦にたけているキャラクターです。



映画「エピソード4新たなる希望」の直前までを描く映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は2016年12月16日から公開予定。反乱軍が反撃ののろしを上げるきっかけとなったデス・スターの設計書を巡り、ローグ・ワンがどのような活躍を見せるのか今から楽しみです。