錦織圭がマレーに逆転負け ツアーファイナルでは史上最長の激闘

ざっくり言うと

  • 16日の男子テニスのATPツアーファイナル第4日で、錦織圭がマレーと対戦した
  • 3時間20分の激闘の末、7−6、4−6、4−6で逆転負けし、1勝1敗
  • ツアーファイナル史上、3セットマッチとしては最長の試合となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング