ミャンマーに突如「巨大な物体」が墜落…中国の人工衛星の残骸か?

写真拡大

先週の木曜日(11月10日)、ミャンマーに巨大な金属製のシリンダー状の物体が落下し、さまざまな憶測が飛び交っている。

小さい方は村に落ち家を直撃

上空から落下してきたのは樽のような形をした巨大なものと、それよりやや小さな金属製の物体。

いずれもミャンマー北部にあるKachin州に落下し、大きい方の物体は翡翠採掘会社の敷地内に着地、もう1つは近くにあるHmaw His Zarという村に落ち、家の屋根を直撃したという。

しかし落下当時、家には人がいなかったらしく、幸いケガ人などは出なかったそうだ。

落下した瞬間爆発し、家を揺らす

大きい方の物体は長さが約4.5m、直径が約1m。小さい方の大きさは明らかにされていないが、中国語が書かれていたと言われている。

さらに大きい方の物体は地上に落下した瞬間、大きく跳ね上がり、50m先にある泥の中に着地したという。

付近の住人も物体が着地した瞬間、爆発するような大きな音を聞いたそうだ。

住人のKo Maung MyoさんはMyanmar Timesの取材に対し「私たちはその爆発に怯えました。最初は戦闘が起きたのかと思いました。爆発は家を揺らし、その後村の方から煙が上がっているのが見えました」と語っている。

中国の人工衛星の1部か?

このような異様な出来事は、中国の国営メディアが新しい衛星を宇宙へ向けて発射したと報じた、同じ日に起きたとされている。

そのためこの物体は中国の人工衛星の残骸ではないかと考えられているが、まだはっきりとは判明しておらず、飛行機のエンジンやロケットの1部の可能性もあるという。

ミャンマー当局は現在、その物体の正体を突き止めるために確認作業を急いでいるそうだ。

それにしても、このような巨大な物体が空から落ちてくるとは恐ろしい。ケガ人が1人もいなかったのは、不幸中の幸いだったといえるかもしれない。