「Jeep Compass Free Drive Edition」(FCAジャパンの発表資料より)

写真拡大

 FCAジャパンは16日、「Jeep Compass(ジープ・コンパス)」の「Compass Sport 4×2(スポーツ4×2)」グレードをベースにした限定モデル「Jeep Compass Free Drive Edition(フリードライブエディション)」を、26日から全国のジープ正規ディーラーで販売開始すると発表した。

 ジープ・コンパスは、2007年に発売されたクロスオーバーSUV。日本で販売されているのは一部のモデルのみとなるが、今年9月には、新型の情報が公開されていた。

 フリードライブエディションは、ナビゲーションシステム、ETC車載器、リアビューカメラという従来から人気のアクセサリーに加え、「ドライブレコーダー」を標準で装備。約34万円に相当するアイテムを搭載しながら、ベース車両に10万円をプラスした価格で提供する。

 販売台数は、ブラック35台、ブライトホワイト40台の75台限定。搭載するドライブレコーダーには、多機能で知られる「スマートレコ HD+」を採用し、Jeepオリジナルカモフラージュデザインで提供する。希望小売価格は318万6,000円(税込)。