2016年の日本代表、最も「サプライズ」だった選手は誰なのか?

写真拡大

日本代表における2016年の戦いが終了した。

そこで今回は、Qoly編集部がこの一年を総括!それぞれに「最もサプライズ選手」と、「来年最も期待する選手」を答えてもらった。

2016年の日本代表、最も驚きだった選手は誰だ!

編集部S

Q. 2016年の日本代表、最大の「サプライズ」は?

A. 原口 元気(ヘルタ・ベルリン)

コメント:
2016年の日本代表において、最大の収穫は原口元気の成長だろう。2011年からA代表に招集されている原口だが、今年は完全に覚醒の年となった。ドイツで自信をつけたのか、そのプレーにはとにかく迷いがない。前を向いたら仕掛け、ペナルティエリア付近ではしっかりと右足を振り抜く。その走力はもちろんチームを助けているが、それ以上に躍動感やスピード感は見ていて清々しいほどだった。ボールを持つ度にこれだけワクワクしてしまう日本人はなんだか久しぶりである。今年は5ゴールをあげ全選手の中で最も得点数が多かったが、それでもフィニッシュの精度はまだまだ。そこさえレベルアップすれば、いよいよ手のつけられない選手へと変貌を遂げるだろう。

Q. 2017年に最も期待する選手は?

A. 岡崎 慎司(レスター)

コメント:
岡崎慎司にとって2016年は、プレミアリーグ制覇を成し遂げるなどある程度満足感のいくものだったかもしれない。しかし、代表チームではわずかに2ゴールしかあげておらず、これは2009年以来最少の数字だ。もちろんチームへの貢献度は高いのだが、それでも岡崎には常に日本代表のトップスコアラーでいてほしいというのが個人的な感想だ。大迫や原口の台頭もあり、2017年はより激しいポジション争いを強いられるはず。この状況を成長のチャンスと捉え、またワールドカップの舞台でゴールを奪ってほしい。

編集部K

Q. 2016年の日本代表、最大の「サプライズ」は?

A. 山口 蛍(セレッソ大阪)

コメント:
原口元気と言いたいところではあるが、逆に言えばクラブでかなり好調であったことを考えれば、使えば結果を残してくれることは想像に難くはない。そして、彼のような仕掛けられるウイングは、ハリルホジッチ監督が最も好むタイプの選手でもある。一方で、クラブでの状況がそれを予感させなかったのは山口蛍だろう。欧州へと移籍したものの成功できず、わずか半年で帰国。戻った先のセレッソは2部に降格しており、J2で戦っている。にもかかわらず代表でのパフォーマンスを維持し、先月のイラク戦では殊勲の決勝点を奪取。最も驚きを与えてくれたのは彼だと言えよう。

Q. 2017年に最も期待する選手は?

A. 大迫 勇也(ケルン)

コメント:
山口蛍の方で書いたが、ハリルホジッチが好むタイプの選手は仕掛けられるウイング。そしてもう一つが、ボールが収まるストライカーだ。アルジェリアでもスピードドリブラータイプのエル・アラビ・スダニよりもイシャク・ベルフォディルやイスラム・スリマニなどを重用したし、コートジボワールでもそうである。その点で言えば、今の大迫はまさにハリル好みの選手になりつつある。高さこそないにせよ、このプレーが出来れば一気にチームの柱になっていくはず。

編集部I

Q. 2016年の日本代表、最大の「サプライズ」は?

A. 浅野 拓磨(シュトゥットガルト)

コメント:
アーセナルへの移籍、さらにU-23代表の主力としてリオ五輪へ参加するなど飛躍の年となった。フル代表でのパフォーマンスは本人としては満足いくものではなかったはずだが、若手のひとりから計算できる戦力としての地位を固めた。

Q. 2017年に最も期待する選手は?

A. 中村 航輔(柏レイソル)

コメント:
なかなか底上げが進んでいないGK。現代表でも20代中盤の選手がいないが、次世代を担う一番手は彼のはず。目を見張るようなシュートセーブはもちろん潜在能力はピカイチ。何かきっかけを掴んで飛躍して欲しい。

編集部H

Q. 2016年の日本代表、最大の「サプライズ」は?

A. 原口 元気(ヘルタ・ベルリン)

コメント:
ポジティブな意味での「サプライズ」といえば、彼をおいて他にいない。ムラっ気のある痩せっぽちなドリブラーが、精根尽きるまで闘い続ける魂の戦士へと変貌を遂げ、香川、宇佐美らを一気に追い越して、昨日のサウジアラビア戦で最終予選史上初となる4試合連続ゴールを決めたのだ。我々サッカーファンは今、ある青年の進化の過程を、かようにして目撃できていることに幸福を感じるべきであろう。

Q. 2017年に最も期待する選手は?

A. 室屋 成(FC東京)

コメント:
現在、日本代表のサイドバックは長友にW酒井がおり、怪我で療養中の内田も合わせると史上最高レベルの陣容と言える。しかし、AFC U-23選手権制覇の立役者で、リオ五輪でもレギュラーを務めた室屋の超人的な持久力、両足でのボールコントロール技術を含めた攻撃のセンスは、既に彼らに匹敵あるいは凌駕するレベルにあり、彼がロシア大会のピッチに立っていたとしても何らの不思議はないだろう。

編集部Q

Q. 2016年の日本代表、最大の「サプライズ」は?

A. 原口 元気(ヘルタ・ベルリン)

コメント:
正直なところ、ユース年代の代表を見ていてドリブラーとして”それなり”の地位で終わってしまう可能性を危惧していた。「ブロックがベース」というハリルホジッチ監督の言葉をそのまま借りるならば、原口は「プレー強度」の高さを持ち、今ではハリルJAPANの戦術を体現するように攻守での獅子奮迅ぶりを見せている。個人の技術がありながらも守備への貢献を怠らず体を張れる、「こんな良い選手になったのか」と感心するばかりだ。

Q. 2017年に最も期待する選手は?

A. 渡部 博文(ベガルタ仙台)

コメント:
攻撃的な選手に関して言えば、今の日本代表は恵まれているといって良いだろう。しかし、その一方で守備ができる選手に関してはまだまだ層が薄い。植田、昌子、丸山と少しずつ若手が選ばれているが、それとは別にあえて現在代表に選ばれていない中から渡部博文をチョイスした。ハリルホジッチ好みの選手で、2年連続でJリーグ30試合以上を果たしているセンターバックはそう多くない。データ的にもクリア、空中戦と言った値は特筆すべきものがある。

編集部O

Q. 2016年の日本代表、最大の「サプライズ」は?

A. 原口 元気(ヘルタ・ベルリン)

コメント:
3月のシリア戦におけるボランチでのプレーは、色々な意味で突き抜けていた。ハリルホジッチ監督の原口元気という“個”に対する信頼がうかがえ、それに応えるように9月から始まった最終予選では4試合連続ゴールを記録中。昨今の日本代表ではあまり見られなかった感情的なスタイルも新鮮で、どこか内向きで行き詰まり感のあったチームに「光」をもたらした。

Q. 2017年に最も期待する選手は?

A. 小林 悠(川崎フロンターレ)

コメント:
ここ一年、停滞が目立っていた日本代表の右サイド。その中でも優れた機能性を見せたのが小林悠だ。幅の取り方、縦の駆け引き、切り替えの速さなどオフザボールの質がお手本にできるほど高く、攻守における貢献度が光った一人。所属する川崎フロンターレでのエウシーニョと同様、サイドバックのダブル酒井とも良好な関係を築いている。怪我がなければサウジ戦もスタメンで使いたかったはず!来年に期待だ。