16日、環球網によると、米CNNの“偽サイト”が、「韓国の朴槿恵大統領が辞任を表明した」と報じた。写真は朴大統領の自叙伝。

写真拡大

2016年11月16日、環球網によると、米CNNの“偽サイト”が、「韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が辞任を表明した」と報じた。

記事によると、「CNN−Alive」は、知人女性の国政介入疑惑で朴大統領の退陣を求める大規模なデモが相次いでいることについて、「朴大統領が辞意を表明」「すでに辞表を丁世均(チョン・セギュン)国会議長に提出した」などと報じた。

しかし、韓国の主要メディアは「朴大統領が辞意を表明した」とは報じておらず、その根拠も示されていない。記事によると、「CNN−Alive」は米国ではなく英国のウェブサイトで、サイト内では米CNNと関係がないことが明記されている。また、「うわさ」などを主に扱うとも紹介しているそうだ。

さらにCNN−Aliveの記事では、朴大統領に関する文脈で、男性を表す“his(彼の)”という単語が出てくるなどの誤りも見られるという。記事は、「朴大統領の辞職のニュースは正しくはない」としながらも、「辞職への圧力がますます大きくなっていることは確かだ」と伝えている。(翻訳・編集/北田)