ドナルド・トランプ氏が次期米国大統領になるというニュースは、北欧ノルウェーにも大きな衝撃として駆け巡った。筆者は、仕事柄、ノルウェーの政治家や企業・団体の代表者を取材することが多い。結果、その後フェイスブックでつながることも多く、そのネットワークには報道陣、政治家や社会活動家、企業・団体の運営者たちがやけに集まっている。一般人の集まりというよりも、その代表者の集まりに近いかもしれない。

フェイスブックは落胆と悲しみの嵐

 大統領選の結果が判明した日、筆者のフェイスブックやツイッターは、一言でいうと「落胆」の嵐だった。各政党では、右翼・左翼問わず、アンチ・トランプ派が多いため、悲しみ、悲嘆にくれる人々の投稿が、この日のタイラインを埋め尽くしていた。まるで、筆者のタイムラインが、「うつ状態になっているかのような異様さだった。

 NATO批判(ストルテンベルグ事務総長はノルウェーの元首相・労働党)に加え、気候変動対策に懐疑的なトランプ氏のこれまでの発言は、ノルウェーの政治家、環境団体、メディアなどをすでに不安にさせてきた。

 ノルウェーの政治家は、右派ポピュリスト政党である与党・進歩党を除いて、トランプ氏への懐疑的な姿勢を以前から公にしていた。各政党の党首からは、今回の選挙結果に対して、「残念だ」、「悲しい」、「これからのノルウェーにとって、危険な兆候だ」とする発言が目立った。どの政治家も強調することは、「ノルウェーの価値観は守り続ける」ということだ。

保守党党首のアーナ・ソールバルグ首相

「トランプの発言の多くは懸念すべきものです」

「醜い選挙だったと思います。他にとって良いインスピレーションとはならないでしょう」

 選挙後、首相は記者会見で、アメリカとの今後の協力体制を維持することについては、心配していないと話す。「トランプの政策がどのような結果となるか、まだ結論を出すのは早すぎます」。

来年の選挙で勝てば、次期首相となるヨナス・ガーレ・ストーレ党首(野党・労働党)

「我々はノルウェーの価値観を守るためであれば立ち上がります」

「トランプの発言は危険」

ブルゲ・ブレンデ外務大臣(保守党)

「アメリカ国民の決断に、我々は歩調を合わせるのみ。しかし、トランプの女性やマイノリティにおける言動は21世紀のノルウェーには必要なく、ノルウェーでは受け入れられない」。

 外務大臣のこの発言は、アメリカとノルウェーの関係に影響を与える恐れがある。だが選挙後も、ブレンデは自らの過去の発言は訂正しないとし、「トランプの一部の発言は危険だと私自身が判断したので、言うべき必要があると思いました」とVG紙に語る。

鐙麻樹(ノルウェー在住 ジャーナリスト&写真家)