パク・ウォン「B1A4 サンドゥル、一度も恋愛経験がないと言っていたけど…」

写真拡大

シンガーソングライターのパク・ウォンがボーイズグループB1A4のサンドゥルに曲を提供した裏話を語った。

パク・ウォンは16日、ソウル龍山(ヨンサン)区梨泰院洞(イテウォンドン)UNDERSTAGEで2ndフルアルバム「1/24」の発売記念ショーケースを開催した。

この日、パク・ウォンはサンドゥルとの音楽作業について「サンドゥルに曲をあげたいと思ったことはないが、連絡をもらった。僕が作った曲の歌詞が好きだという話を聞いて、『では一緒に作業しても楽しいだろう』と思った。もちろん仕事で始めたが、面白そうだという考えで、僕も慎重になった」と話した。

続いて「サンドゥルについて調べてみたが、彼も“Some(友達以上恋人未満)”のようなものが多かったようだ。しかし僕の前では一度も恋愛したことがないと、恋愛したいという内容の歌を歌いたいと言っていた。それで、僕が家に呼んで、ドアを閉めて話し合った。その時に今サンドゥルにあげた『そのままでいて』の歌詞のストーリーがたくさん出てきたようだ」と裏話を語った。

タイトル曲「努力」はいつまでも続くようだった愛が、いつからか無理に努力していることに気付いた男の告白だ。まるで告解するかのようなパク・ウォンのボーカルが際立つ。パク・ウォンが作詞・作曲した。韓国で17日の0時にリリースされる。