「イグニス」の特別仕様車「Fリミテッド」(スズキの発表資料より)

写真拡大

 スズキは16日、コンパクトクロスオーバー小型乗用車「イグニス」に、特別仕様車「Fリミテッド」を設定し発売したと発表した。

 2016年2月に発売されたイグニスは、スズキにとっては軽自動車ハスラーと小型SUVエスクードの間にあたる「コンパクトSUV」という新しいコンセプトの車だ。8月を除き毎月2000台以上の販売台数を記録し、月間販売目標1500台に対して好調を維持している。

 特別仕様車「Fリミテッド」は、ルーフレールやフェンダーアーチモールなどを装備することで、よりSUVテイストを強めるとともに、インテリアでは汚れを拭き取りやすいレザー調シート表皮や防汚タイプラゲッジフロアを採用することで、アクティブなユーザーに向けた装備を充実させた。

 車体色は新色ミネラルグレーメタリック、フレイムオレンジパールメタリック、ピュアホワイトパール、プレミアムシルバーメタリック、スーパーブラックパールの5色を設定。希望小売価格は2WDが168万8,040円、4WDが182万1,960円(いずれも税込)。