長澤まさみ

写真拡大

(東京 16日 中央社)女優の長澤まさみが16日、東京都内で交通部観光局の新キャンペーン発表会に出席した。長澤は12月上旬から日本で放送予定の台湾観光PRフィルムに出演している。会見では「ポアポエ」と呼ばれる台湾の願掛けに初挑戦。より多くの人に出会えるよう願った。

長澤は今年10月に台湾各地を訪れ、PRフィルムを撮影。最も印象に残ったのは中部・南投の「日月潭」だと話し、朝日が昇ってくる時とその後の色の変化の美しさを称賛した。

「Meet Colors!台湾」と題されたPRフィルムは、台湾の風景の中にある様々な色に焦点を当て、長澤が観光地を訪れたり、地元の人々と触れ合ったりする姿を描いている。

観光局は16日から20日まで、東京・六本木ヒルズで台湾体験イベントを開催。写真撮影用に巨大なショーロンポー(小籠包)やランタン(天灯)などが設置されるほか、台湾グルメや赤い糸のプレゼントなども行われる。

同局の統計によれば、今年1月から9月までに台湾を訪れた日本人は135万8561人。今年末には185万人に達すると見込まれている。同局は、新PRフィルムの放送によって、来年の訪台日本人旅行客は少なくとも200万人を達成できるだろうと自信を見せている。

(楊明珠/編集:名切千絵)