講道館杯100キロ級決勝を見ていて、脳裏をよぎったのは12年前の同大会、同階級の決勝だ。

 優勝候補と目されていた穴井隆将に、国士舘高校3年生だった石井慧が挑んだ試合。石井は開始から穴井に柔道をさせてもらえず、「指導」の反則や技によるポイントを先行され、穴井のペースで試合は進んだ。しかし終盤、石井の豪快な大外刈りが炸裂し、大逆転勝利。史上3人目の高校生王者となり、石井はその後の4年間、快進撃を続けて北京五輪金メダリスト(階級は100キロ超級)となった。

 今年の100キロ級決勝も同じような対戦構図、試合展開だった。

 リオ五輪出場こそ逃したものの、この階級の実力者であるウルフ・アロン(東海大4年)に、インターハイと全日本ジュニアをともに2連覇している国士舘高校3年の飯田健太郎が挑んだ試合。ウルフのパワーと組み手の巧さに、ここまでの4試合をオール一本で勝ち上がってきた飯田も、思い通りの柔道ができない。そのうち、じれた飯田が強引に引き手を取りに前に出た刹那、ウルフが内股を繰り出し、飯田の188センチの巨体が宙を舞う。

 主審の判定は「技あり」。限りなく「一本」に近い技だった。九死に一生を得た飯田は、開き直ったように前に出て、ウルフに向かっていったが、技のポイントは奪えず。そうして5分の試合時間は過ぎ、飯田は国士舘高校の先輩に続く快挙を逃した。

 ジュニア世代の大会で無敵を誇り、「東京オリンピックで金メダルを獲ります」と公言する18歳は、この講道館杯を「勝たなければならない大会」と位置づけていた。

「高校生やジュニアの選手が相手だと、自分の思い通りの試合ができるんですけど、シニアの大会となると、ウルフさん以外の選手であっても、なかなか自分の組み手にさせてもらえない。まだまだ差があると実感しました。2位という結果は、満足はできませんけど、(12月に行なわれる)グランドスラムや(来年4月の)選抜体重別につながる。チャンスを無駄にしないように、力をつけていきたい」

 準優勝に終わったとはいえ、飯田に対する柔道界の期待は、12年前の石井以上に大きく、その非凡な才能は誰もが認めるところだ。

 試合中は軸が通ったように背筋を伸ばし、相手の奥襟を掴みにかかって、果敢に攻め込んでいく。講道館杯では決勝までの4試合を、内股、大外刈り、大内刈り、やぐら投げから寝業に持ち込む合わせ技で勝ち上がった。「得意技は内股です」と飯田は言うが、とにかく「一本」を狙える技のバリエーションが豊富で、とりわけ俵を抱えるように相手を放り投げるやぐら投げも大きな武器だ。

 体格や力に頼るのではなく、相手の隙を見逃さずにタイミングよく技を繰り出し、それがことごとく「一本」に結びつく。こういう柔道センスは、単に稽古の量で培っていけるものではない。

「理想の柔道は井上康生さんや、鈴木(桂治)先生。といっても、映像を見て研究することはありません。自分の長所を伸ばしていければいい。自分の強みは、一本を取る柔道だと思っています」

 この日、飯田に敗れたある選手は一言、「アイツは化け物です」というコメントを残した。

 昨年の講道館杯で飯田に敗れ、引退を決意することとなった北京五輪81キロ級代表の小野卓志(現・筑波大柔道部監督)は、1年前と比較して「大人の組み手ができるようになった」と話し、飯田には「スター性しか感じない」と絶賛する。

 そして来年から飯田を指導する国士舘大学監督であり、全日本では重量級のコーチを務める鈴木桂治も「ウルフ同様、大きな期待が持てる選手。大きく育てたい」と評価する。

 飯田はこれからの課題を「筋力」だと話す。

「海外の選手が相手だと、ウルフ選手との試合のように、力負けして、自分の形で柔道をすることができないと思う。スタミナも強化して、最後までしぶとくいけるように。スタミナさえ切れさせなければ、後半に入って倒せると思うので」

 飯田は100キロ級の選手でありながら、普段から94キロ前後の体重しかない。「90キロ級で世界を目指す方がいいのではないか」と進言する柔道関係者もいるが、国士舘の関係者はこれからさらに体が大きくなっていくことを見据えて、あえて100キロ級に挑ませている。

 飯田は言う。

「まだまだ軽い。だけど、軽い分、自分には伸びしろがあると思う。これからいっぱい食べて、ウエイトトレーニングもいっぱいやって、体を大きくしたい。太らない体質なんですけど、普段は101キロ、102キロの体重をキープして、試合前にちょっと減量して試合に出るような形になれば、自然と力もついてくると思います」

 来年、ハンガリー・ブダペストで行なわれる世界選手権に向けた100キロ級の代表争いは、リオ五輪100キロ級銅メダリストの羽賀龍之介と、講道館杯を連覇したウルフがリードし、飯田は3番手につけている。

「まずはグランドスラム東京で、ウルフさんに勝てるように研究していきたい。目標? もちろん、東京オリンピックで金メダルを獲ることです」

 敗れていっそう、4年後への思いを強くする飯田であった。

柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji