弱さと強さ併せ持つヒロイン像に言及 (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 ウォルト・ディズニー・アニメーションの新作「モアナと伝説の海」のワールドプレミアが11月14日(現地時間)、米ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターで開催された。海をイメージした約100メートルの“ブルーカーペット”が用意され、製作総指揮のジョン・ラセターをはじめロン・クレメンツ&ジョン・マスカー両監督、声優を務めたアウリー・クラバーリョ(モアナ役)、ドウェイン・ジョンソン(マウイ役)が登場した。

 「リトル・マーメイド」「アラジン」を手がけたクレメンツ&マスカーの名コンビが、“海に愛される”特別な力を持つモアナの冒険をつづる。数々の伝説が残る南太平洋の島で育ったモアナは、好奇心にあふれ、海を愛する美しい少女。16歳になった時、運命に導かれるように海へと旅立ち、“心”を失ってしまった世界を救うための大冒険に挑む。

 モアナについて、マスカー監督は「心の声に従い強い信念を持つ新ヒロインなんだ。実は宮崎駿作品に登場するヒロインたちの影響を、多く受けているんだよ」と告白。そして、「モアナは日本の女性たちにとって、まさに理想の女性。まわりの声に惑わされず、自分の心の声に従うという強さは、世界中の女性の心に響くはず」と思いを明かした。

 さらに、数千人の候補者のなかから抜てきされた新人クラバーリョも「私自身15歳から16歳になる時期で、自分が何者かを探しているところ。モアナも大海原に飛び出して、自分が何者なのか見つけるの。きっとみんなも同じように感じると思うわ」としみじみ。特設ステージではダンスも披露し、割れんばかりの歓声を浴びた。

 また、親日家としても知られるラセターは、「とってもエモーショナルな物語だから、見る時はティッシュを忘れないでね。日本のみんなに早く見てほしいよ!」とメッセージを寄せた。「モアナと伝説の海」は、2017年3月10日から全国公開。