写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年11月16日から18日にかけて、パシフィコ横浜にて開催されている最先端の組込技術/IoT技術にフォーカスした総合技術展「ET 2016」「IoT Technology 2016」において、ザイリンクスは、同社のAll Programmable SoC「Zynq-7000」の活用に向けた各種ソリューションの紹介を行っている。

カメラを活用した動画処理関連が多く展示されており、例えばインテリジェントカメラソリューションを手掛けるレグラスでは、ステレオカメラを用いた人物検知デモなどを展示。Zynq-7000を活用することで、レンズとイメージセンサ、処理部を1モジュール化することが可能となり、小型化を実現。セキュリティカメラとしての用途以外に、近年では車載用途やドローンへの搭載も増加しつつあるという。また、最大の特徴は各種の画像処理ライブラリも提供している点で、今後、さらに市場のニーズに併せたライブラリの拡充を図ることで、セキュリティや車載を中心に市場を拡大していきたいとしている。

また、ザイリンクスも産業用途などへのFPGA/All Programmable SoCを積極的に進めていきたいとしており、パートナー各社と協力して、市場のさらなる開拓をはかっていきたいとしている。

(小林行雄)