写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバー・ソリューションとディアイティは11月16日、、無線LAN運用監視サービス「無線LANリモートサービス for Fortinet」を2017年2月より提供開始すると発表した。

同サービスは、サイバー・ソリューション内の無線LANサービスセンターから、無線LANの状況を24時間365日遠隔監視するサービス。アクセスポイントの偏った利用、機器の不調、不正利用の兆候を迅速に発見し、トラブルを未然に防ぐ。

インシデント発生時には、保守対応や報告レポートの作成など、運用作業を代行するほか、導入機器情報、設定情報、保守契約、連絡先など運用管理に必要な情報管理作業も行う。このように無線LANに関する情報管理や対応を一括管理することで、運用管理負担を軽減できるとしている。

また、定期的に運用管理レポートを提供するプランを用意。アクセスポイントや無線端末の情報を定常的に収集し、システムの利用状況を記載したレポート・データを作成する。

サービス利用にあたって、管理ゲートウェイ機器である「Management Gateway」の導入が必要。

提供価格(税別)は、コントローラ1台+アクセスポイント10台の場合、監視・通知を行うAプランが月額5600円、これに加えて月次レポートも提供するBプランが月額6400円。いずれのプランも別途7万5000円の初期費用が必要になる。

(山本明日美)