大勝から一転…ヤングなでしこ、PKでスペインに敗れる

写真拡大

パプアニューギニアで開催中のU-20女子ワールドカップ。「ヤングなでしこ」ことU-20女子日本代表は16日にグループ第2戦でスペインと対戦し、0-1で敗れた。

大会初戦で前回大会準優勝のナイジェリアを6-0で下し一躍優勝候補に躍り出る形となった日本。しかし、この試合では2014年のU-17女子W杯決勝で日本に敗れた時のメンバーを抱え、その雪辱に燃えていたスペインの闘志が上回った。

日本はなかなかリズムを生み出せないなか大きな決定機も作らせていなかったが、81分、相手のクロスを防ごうとした羽座妃粋のプレーがハンドと判定されPKを与える。これをスペインのマリオナに決められ、0-1で敗れた。

初戦でカナダに5-0と大勝していたスペインはこれで2連勝。1勝1敗となった日本は、グループ突破をかけ20日にカナダと対戦する。