14日、アクションスターのジェット・リーが福建省にある名刹を訪れ、元気な姿を見せた。

写真拡大

2016年11月14日、アクションスターのジェット・リー(李連杰)が福建省にある名刹(めいさつ)を訪れ、元気な姿を見せた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

敬虔(けいけん)な仏教徒としても知られるジェット・リーが14日、福建省中部にある広化寺を訪問。この来訪を聞いて駆け付けたファンが撮影した写真が、ネット上に多数登場している。ここ数年、ジェット・リーの仏教地巡りはかなり頻繁で、最近では浙江省の普陀山、安徽省の九華山、四川省の楽山、山西省の五台山などで姿を見せている。

ジェット・リーは、スマトラ島沖地震・津波災害に現地で遭遇したことをきっかけに、俳優業よりチャリティー活動に力を入れるようになった。さらにここ数年、甲状腺機能亢進(こうしん)症による闘病生活を送っているため、出演作はさらに減少。スクリーンでその姿を見る機会はほとんどなくなっている。寺参りにやって来たジェット・リーの姿にネットユーザーからは、「元気そうでよかった」「早く体を直してほしい」といった声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)