イ・ボミが今週で2年連続賞金女王を決められるか注目が集まるところ(撮影:標英俊)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディス 事前情報◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(6,474ヤード・パー72)>
 11月17日(木)に開幕する国内女子ツアー『大王製紙エリエールレディス』。先週の『伊藤園レディス』で連覇を果たして今季5勝目を手にしたイ・ボミ(韓国)は2年連続賞金女王がかかる大事な試合となるが、「プレッシャーはかかると思います」と語りつつ、意気込みを語った。
熱戦となった伊藤園レディスをフォトギャラリーでプレーバック
 今季も賞金女王レース首位を走り続けたボミだが、残り2試合の段階で獲得賞金額1億7330万4764円で、1億3000万台で追いかける申ジエ(韓国)、笠りつ子らとは約4000万円差。ジエ、笠以外が優勝した場合でも決定となり、両者の成績に関わらず単独3位以上に入れば自力で勝ち取ることができる。
 「(先週に)優勝できて“悪い”ことはないと思うので自信を持って頑張りたい。上手くバーディパットを打っても入らないこともありますが、チャンスがあったら決めたいですね。1日4アンダーを目標にきっちりとやりたいです」と“自力戴冠”への展望を語ったボミ。
 2年連続賞金女王となれば、アン・ソンジュ(韓国)の2010-2011年以来。昨年は『伊藤園レディス』で決めたため1試合遅いが、最終戦を前に決めることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】見ごたえあるショットメーカー対決、最後に勝負を分けたのは
ツアーで見つけた旬ギアネタ【伊藤園レディス編】
ボミ、ハヌルら続々追加中!女子プロ写真館