写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シスコシステムズとヤマザキマザック(マザック)は11月16日、製造業のIoT化推進に向け、工場内の設備機器を安全にネットワークに接続する為の製品やビッグデータ解析や生産性向上のためのクラウドサービスなどの開発を目指し、協業することで合意した。また、マザックは米国で提供済みのネットワーク接続装置「MAZAK SMARTBOX(以下、スマートボックス)」の国内販売を同17日から開始する。

米国のMTConnect協会のメンバーである両社は、製造業のIoT化を推進していくという同じビジョンを持っていたほか、IoTは1社だけでは実現できないという点でも認識が一致。そうした背景から、マザックは工場内のIoT化を図る上で重要な機械間のデータ取得の共通化やサイバーセキュリティの問題を解決すべく、製造業向けオープン通信規格「MTConnect (MTコネクト)」を採用したスマートボックスを2015年に米国で開発した。

スマートボックスにはシスコのコネクテッドマシンソリューションを採用し、ネットワーク接続やセキュリティおよびコンピューティングを集約して提供。マザックはスマートボックスを米国内と日本国内の自社工場に先行導入しており、工場内の設備機器のIoT化を行い、製造ビッグデータの取得と分析によるiSMART Factory化を推進してきた。

この共同プロジェクトを通じ、製造業のIoT化推進のためにはMAZAK SMARTBOXの進化に加え、生産性改善に向けてビックデータ解析やクラウドサービスなどの開発まで協業の枠を広げるべきとの両社では意見が一致し、今回の協業に合意した。

今後、マザックはスマートボックスの新機能やクラウドサービスを開発、シスコはスマートボックスで採用されているコネクテッドマシンソリューションと連携したクラウド関連技術をマザックに提供し、協業を加速していく。なお、スマートボックスの価格は70万円(税別、可視化ソフトとのパッケージ価格)。

(岩井 健太)