iPhoneでのプレイイメージ
 - (C)2016 Nintendo

写真拡大

 15日任天堂が、“片手で遊べるマリオ”として話題を集めていたiPhone&iPad向けゲームアプリ「スーパーマリオ ラン」の配信を、12月15日(太平洋標準時)より順次151の国と地域の App Store で開始すると発表した。

 「スーパーマリオ ラン」は走り続けるマリオを、タップして操作するゲーム。プレイヤーはタップのタイミングによって変化するマリオのジャンプを使いこなして、ゴールを目指すことになる。アプリは無料でダウンロードすることが可能。

 ゲーム内には、マリオを操作してゴールを目指す「ワールドツアー」のほか、対戦モードの「キノピオラリー」、ゲーム内のコインで交換できる建物やかざりを使用して自分だけの王国をつくる「王国づくり」の3つのモードが存在する。無料プレイの場合には、これらの3つのプレイモードの一部を遊ぶことができ、9.99ドル(日本では1,200円を予定)を支払うとすべての要素が解放されるとのこと。なお以降の追加課金はないという。(編集部・井本早紀)