クラブで出場機会を得られていない本田にとって、ハリルホジッチ監督が要求するハードワークはハードルが高い。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本2-1サウジアラビア/11月15日/埼玉
 
 ハリルホジッチ監督も、ホッと一息つけたんじゃないかな。ファンも、選手も、監督も納得できる。サウジアラビア戦は、そんな結果と試合内容だったよ。
 
 本田や香川、岡崎をスタメンから外す大胆な采配を振るいながら、グループ首位のサウジアラビアから勝点3を取れた。この勝利は、普段の勝点3以上に大きな価値があると思うよ。
 
 2-1という結果もさることながら、内容が良かったよね。立ち上がりから攻守にアグレッシブで、サウジアラビアを圧倒していた。特に目立ったのは、両ウイングの運動量だ。原口と久保が精力的にアップダウンを繰り返して、攻守に効いていた。ここがハリルジャパンの生命線だった。
 
 ハリルホジッチ監督が目指すサッカーは、とにかくウイングに運動量を求める。守備の時は自陣の深いポジションへ全力で戻るし、そこから攻撃に切り替わった時にも全力で前線に駆け上がる。
 
 原口のプレーが象徴的だよ。前線からプレスに行って、かわされたら自陣まで必死で戻った。そこでボールを奪い返すと、また前線へ間髪入れずに駆け上がる。本当に恐れ入るね。
 
 あれだけの運動量とスピードを求められるのは、クラブで試合にあまり出ていない本田にとっては、厳しい注文だろう。
 
 いくら厳しいトレーニングを積んでいても、練習の体力と、試合の体力は違う。試合でプレーしていると、無理して走らなきゃいけない場面が出てくる。その点で本田はリスクを背負っているから、クラブで出場機会を失ったままだと、スタメン起用は難しいかもしれない。
 
 ただ、本田は途中出場でも十分に怖い選手だ。実際に、勝負所で本田や香川を投入して相手にプレッシャーをかけながら追加点を狙う、というのが監督のプランだったと思う。

 相手が元気なうちは運動量のある選手で長所を抑えて、なおかつ自分たちの攻撃も素早く仕掛ける。そうしてリズムを作っておいて、経験豊富な選手で変化をつける。ある意味で理想的な選手起用だ。
 本田や香川、それに岡崎といった選手たちは、それに応えられるだけのポテンシャルを十分に持っている。サウジ戦で本田を投入するのは、後半のもう少し時間が経った頃かと思ったけど、後半の頭から使ってきたからね。本田や香川を信用しているようだし、その起用法も監督の頭のなかにあったんだと思う。

 今回のサウジアラビア戦で、そうした良い流れを作れたから、今後の最終予選でも同じような使われ方になるんじゃないかな。
 
 本田や香川が、いわゆる“ジョーカー”に回ったのは、やっぱり他の選手の突き上げがあったから。11日のオマーン戦同様、今回のサウジアラビア戦でも大迫と清武のコンビは冴えていた。ふたりとも上手くポジションを取ってボールを引き出し、速攻の起点になれるような動きができていた。

 両サイドも含めてしっかりと守り、攻守が切り替わった時に大迫や清武を経由して攻める。この形が上手くハマっていた。大迫は完璧にフィットしているよね。ボールが収まるし、ドリブルで相手もかわせる。嫌なところに入っていけるし、ディフェンスもできる。清武はボールを引き出せるし、決定的なパスも出せる。今の代表チームは、大迫と清武が軸と言ってもいいくらいだ。

 次のロシア・ワールドカップを見据えると、年齢的な部分も考えなきゃいけない。主軸に据えるのは、年齢的に油の乗った26、27くらいの選手が理想的。大迫や清武が、ちょうどその年齢だ。今のこの時期に計算の立つ新戦力が何人も増えてきたのは、日本のサッカーには大きなプラスだよ。