写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インフォアジャパンは11月16日、設備資産管理クラウドアプリケーション「Infor EAM Cloud」を、日本市場にて提供開始すると発表した。

Infor EAM Cloudは、設備資産管理(EAM)に必要な各種機能をクラウド上でSaaSとして提供するサービス。柔軟な設備資産マスタ管理や予算、検知、購買、作業オーダー、予防保全といった、企業が保有する設備資産の管理に関わる機能をすぐに利用できるよう設計されている。

主な特徴は以下の通り。

・業界特化のクラウドアプリケーション
業界特化の機能を備えた設備資産管理アプリケーションを、短期間で導入できる。必要な機能がすぐに利用できるよう設計され、ビジネスフローもすでに定義済みで、実用レベルのセキュリティを有している。
・容易なレポート作成と業績評価指標(KPI)
資産、資材、購買、スケジューリング、ワークフォース管理といった項目を選択するだけで、重要なデータを簡単に見つけられる。また、クエリースタジオという機能により、固有の業務ニーズに合わせてカスタムレポート作成や、重要なKPIをトップページでモニタリングができる。
・最新のアクセシビリティ
CEOから設備管理マネージャー、フィールド技師やテナントに至るまで、設備資産管理に関わるあらゆる担当者が、さまざまなデバイスで最新の情報へアクセスできるようになる。

また、一般的な設備資産管理ソリューションは、大規模な多国籍企業での利用が一般的だが、Infor EAM Cloudは他のエンタープライズアプリケーションとの統合が容易なため、あらゆる規模の企業で活用できるという。

価格(税別)は、1ユーザーあたり月額約1万4000円。5ユーザーから利用できる。

(山本明日美)