昨年のコミコンでキスを交わした2人 Photo by Kevin Winter/Getty Images

写真拡大

 「スター・ウォーズ」(1977)でヒロインのレイア・オーガナ役を演じた女優キャリー・フィッシャーが、当時ハン・ソロ役で共演していた俳優ハリソン・フォードと不倫関係にあったことを告白した。

 当時19歳だったフィッシャーは、「スター・ウォーズ」撮影中の3カ月間、フォードとのロマンスを経験したと自身の回顧録「The Princess Diarist」で明かした。しかし、フォードは当時メアリー・マーカットと婚姻関係にあり、2人の子どもの父親であったことから、フィッシャーはこの秘密を約40年間固く守ってきた。

 フィッシャーは「あれは強烈な体験だった」「平日はハンとレイアで、週末はキャリーとハリソンだったわ」と語り、フォードと過ごしたはじめての夜にも言及。同作の監督であるジョージ・ルーカスの誕生日パーティーの後だったといい、「ハリソンを見つめたわ。ヒーローの顔よ。数本の髪が、彼の立派で少ししわを寄せた眉にかかっていたの」「どうしたら彼のような人が私なんかに満足するというの」と、不安に感じたことを生々しく述壊している。

 また、フィッシャーはフォードに愛されようと絶え間なく努力し、フォードから2人の名前をあわせた“キャリソン”というカップルネーム入りの婚約指輪をもらうことを夢見ていたという。しかし、2人のロマンスは撮影の終了とともに自然消滅。フィッシャーは「私はとても未熟だったけれど、彼のなかの何かを信頼していたのよ」「彼は優しかったもの」と当時を懐かしんでおり、その後フォードがメアリーと離婚したことについては無関係と主張している。